野次馬ライトスタンドBACK NUMBER

開幕直前恒例! MLBマニア3人の、
新外国人レビュー2015(パ編)。 

text by

村瀬秀信

村瀬秀信Hidenobu Murase

PROFILE

photograph byAFLO

posted2015/03/24 10:30

開幕直前恒例! MLBマニア3人の、新外国人レビュー2015(パ編)。<Number Web> photograph by AFLO

ピッツバーグ・パイレーツから楽天に加入したギャビー・サンチェス。昨季のMLBでの成績は123試合出場、打率.229、7本塁打、33打点、2盗塁。

ルブランのチェンジアップは「Dead Fish」。

●ビクター・ガラテ(北海道日本ハムファイターズ) 投手 推定年俸2000万円+出来高

Tomo 「変則サウスポーのベネズエラ人。どう変則かというと言葉には言い表せないのですが……とにかくへんてこです」

Tessy 「なんていうんでしょう。番場蛮の大回転魔球の回転し損ないみたいなこの感じ」

Tomo 「これでもバッターはタイミングが取りづらいのでしょうか、結構空振りが取れるんですよ。でも、ノーコンなのであまり使い物にはならないかもです」

Toyo 「この人は、苦労しとるね。MLB、独立リーグ、メキシカン・リーグ、台湾、そして日本と渡り歩いた旅人生。前にオリックスの入団テストも受けて不合格になってるしね。三振は取るけど、四球は出すし被打率も高いと、ちょっと悩ましいピッチャー。でもアメリカではリリーフ専門だったけど、メキシコや台湾では先発に回って制球も安定したっぽい。面白い存在にはなるかもしれんね」

Tessy 「オープン戦でも好投してましたよね。栗山監督も『先発なら二ケタ勝てる』と言ってましたし……ガラナが根付いた北海道でガラテが花開くこともあるやもしれません!」

●ウェイド・ルブラン(埼玉西武ライオンズ) 投手 推定年俸 1億2000万円+出来高

Tomo 「この左腕はパドレスの'06年ドラフト2位。メジャー昇格までパドレスのマイナーで過ごし、昨年はエンジェルズで投げました。メジャー通算21勝33敗。まだ30歳ですが、すごいおっさんくさいピッチャーでして、速球も速くありませんし、カーブも緩いのを投げます。 Dead Fish(死んだ魚)と呼ばれるチェンジアップも使いますね」

Tessy 「なるほど……確かに狭山湖の死んだ魚の目をしていますね」

Tomo 「ところがこれが不思議な投手で、左投手なのに特に左打者に強いわけでもなく、球も速くないのでリリーフ向きでもない。ならばと先発しても、5~6回ぐらいで引っ込めないとかなりの確率で打ち込まれる。かといって、フォアボール連発で崩れたりはしないし、守備が頑張れば良い結果が出るので、ゲームを作るには適している。先発5人ローテーションの6番目タイプとでも言いましょうか」

Toyo 「パドレス時代は、打撃が評判だったよね。めっちゃ打つし守備もいいんで、打者にコンバートもしくはDHで使う二刀流を試してもいいかもしれない。あと、来日した時に成田で『Youは何しに日本へ?』の取材を受けたそうですねえ。『寿司を食いに来た!』と答えたそうで」

Tessy 「なるほど……本場の死んだ魚を食べに来たんですね」

【次ページ】 副業で映像会社の社長をする西武のセラテリ。

BACK 1 2 3 4 5 6 7 8 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

松坂大輔
リック・バンデンハーク
ジェレミー・ハーミダ
ブランドン・レアード
ビクター・ガラテ
ウエイド・ルブラン
アンソニー・セラテリ
エスメリング・バスケス
ギャビー・サンチェス
ゼラス・ウィーラー

プロ野球の前後のコラム

ページトップ