サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

長友+太田の左と、酒井1人の右。
三者三様のSBは再び武器となるか。 

text by

戸塚啓

戸塚啓Kei Totsuka

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2015/01/11 10:50

長友+太田の左と、酒井1人の右。三者三様のSBは再び武器となるか。<Number Web> photograph by Getty Images

クラブでは苦しい時間を過ごす長友佑都だが、90分間衰えない運動量と左サイドの制圧力は健在。

バリエーションでは一日の長がある酒井高徳。

 一方、左右両足を無理なく使いこなす酒井は、すでに攻撃のバリエーションを意識している。

「クロス、オーバーラップ、あるいは中へ入っていくとか、そういうバリエーションを増やさなきゃいけないという気持ちはあります。チームとして結果を残すことが第一ですが、そのために個人の結果も追い求めたい」

 オーストラリア入り後の練習で、酒井と本田圭佑、塩谷司が話し込む場面があった。練習試合翌日の即席のミーティングは、本田が主導したと伝えられている。しかし、酒井にも意見を交換する準備はあっただろう。渡豪前の国内合宿で、彼はこう話していたのだ。

「自分が上がっていったときに、『こういうタイミングでパスが欲しい』とか、攻撃でも守備でも『こういうときはこうしてほしい』という要求は忘れずにしていきたい。守りにしても前の選手との連携が大切で、同サイドでプレーする選手の特徴を考えた対応をするべきなので。しっかりコミュニケーションを取っていきたいです」

 アジアカップで、真正面から日本に勝負を挑んでくるのは、オーストラリアや韓国などに限られる。対戦する国の多くは、カウンターに活路を求めてくるだろう。

 それだけに、攻撃をやりきることが大切だ。「カウンターを受けないようにするには、ホントにやりきることだと思う」と、酒井も頷く。

「チームのバランスを見たうえで、前へ出ていくべきなのかどうかをしっかり判断してやっていきたい。行くときは出ていく。攻めないと点は取れないですから」

 短期決戦のアジアカップには、出場停止のリスクがつきまとう。4年前も内田を欠いた試合があった。3人がそれぞれのタスクを果たすことで、「2+1」がチームの強みになっていく。

関連記事

BACK 1 2 3
長友佑都
太田宏介
ハビエル・アギーレ
酒井高徳
本田圭佑
塩谷司

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ