NumberEYESBACK NUMBER

“欧州組”全滅の危機!? CLベスト16勝負の行方。
~内田&香川、強豪撃破なるか~ 

text by

木崎伸也

木崎伸也Shinya Kizaki

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2015/01/02 10:30

“欧州組”全滅の危機!? CLベスト16勝負の行方。~内田&香川、強豪撃破なるか~<Number Web> photograph by Getty Images

日本人として初めてCLベスト4進出を果たし、CL通算出場試合数も27(2014年現在)で首位を独走中の内田篤人。レアル越えはなるだろうか。

 もしかしたら日本人所属クラブは、ベスト16で全滅してしまうかもしれない。12月15日にチャンピオンズリーグ(CL)の決勝トーナメント1回戦の抽選が行なわれ、内田篤人のシャルケはレアル・マドリー、香川真司のドルトムントはユベントスと対戦することになった。レアル、ユベントス共にそれぞれの国で首位に立つ好調チーム。厳しい組み合わせになった。

 特に難しいのはシャルケだ。

 昨季のベスト16でもレアルと対戦しており、そのときは2戦合計2─9で惨敗した(内田は右太もものケガで欠場)。スポーツディレクターのヘルトが「最強の相手」と称えるように、クリスティアーノ・ロナウド擁する昨季のCL王者に再び粉砕される恐れがある。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1400文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

内田篤人
シャルケ
香川真司
ドルトムント
本田圭佑
ACミラン
欧州チャンピオンズリーグ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ