オフサイド・トリップBACK NUMBER

実現しなかった24季ぶりの戴冠。
リバプールの波乱に満ちた1年間。  

text by

田邊雅之

田邊雅之Masayuki Tanabe

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/05/12 12:25

実現しなかった24季ぶりの戴冠。リバプールの波乱に満ちた1年間。 <Number Web> photograph by Getty Images

リバプールの、そしてイングランドの象徴の頭上に栄冠は輝かなかった。それでもジェラードは、波乱のシーズンを戦い抜いたチームを称えた。

 5月11日、アンフィールド。

 ニューカッスルをホームに迎えたリバプールの選手達が、試合終盤、所在なげにボールを回し続ける。試合は2-1で逆転していたが、シティ・オブ・マンチェスターでは、シティのプレミア制覇を祝う大騒ぎが既に始まっていた。

 審判が長いホイッスルを吹き、ジェラードたちが肩を落として通用口に消えていく。24シーズンぶりのリーグ優勝という夢は、こうして砕け散った。

 選手や監督、そしてサポーターの落胆は大きい。シーズン最終盤での失速を嘆く声は、ジャーナリストの中にも少なくない。リバプールで名FWとして活躍したケビン・キーガンの言葉を借りれば、「プレミアの歴史そのものにとって、大きな転換期になる可能性」もあったからだ。

 ただし冷静に考えるなら、リバプールはよく健闘したと言える。シーズン開幕前、リバプールがタイトル争いに絡むと予想した者はほとんどいなかった。たしかにチームの調子は上向きつつあったし、ブレンダン・ロジャーズ監督によるチーム改革も進みつつあったが、彼自身が述べていたように、「あくまでも現実的な目標はCL出場権の確保」だった。

スアレスの覚醒と、驚異的なカウンター。

 では今シーズンのリバプールは、なぜサプライズを起こすことができたのか。

 まず指摘できるのは、31ゴールを叩き出したルイス・スアレスの活躍だろう。スアレスは1シーズン38試合制になってからのレコードホルダーだった、アラン・シアラー('95-'96シーズン)とクリスティアーノ・ロナウド('07-'08シーズン)に並んだ形になる。

 しかもこれはスアレスが昨シーズン末に、馬鹿げた噛み付き事件を起こし、リーグ戦の冒頭5試合を欠場していた点を考えれば、驚異的なハイペースだった。

 とは言え今シーズンのリバプールは、決してスアレス頼みのチームだったわけではない。リバプールの攻撃陣には、スタリッジやスターリング、コウチーニョ等の若く、才気にあふれるメンバーも揃っていた。

 もともとシーズン開幕当時は、スアレスとスタリッジが攻撃陣の軸となると見られていたが、シーズン途中からはスターリングやコウチーニョも急成長。

 語弊をおそれず言えば、今シーズンのプレミアで最も迫力のあるカウンターを展開するチームへと成長した。スアレス、スタリッジ、さらにはスターリングやコウチーニョが脱兎のごとく前線目がけて一斉に駆け出し、ポジションとパスを交換しながらゴールを脅かしていく様は圧巻だった。今シーズンのプレミアではサウサンプトンやエバートン等、カウンターを武器に新風を吹き込んだチームがいくつかあるが、リバプールは代表的な存在だった。

【次ページ】 ジェラードをキーマンにした遅攻の分厚さ。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

リバプール
ブレンダン・ロジャーズ
マンチェスター・シティ
チェルシー
スティーブン・ジェラード
ニューカッスル
ルイス・スアレス

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ