フットボール“新語録”BACK NUMBER

大迫勇也と本田圭佑の「共通点」。
欧州の当たりに耐える姿勢とは? 

text by

木崎伸也

木崎伸也Shinya Kizaki

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2014/01/14 10:35

大迫勇也と本田圭佑の「共通点」。欧州の当たりに耐える姿勢とは?<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

2013年11月16日に行なわれたオランダ戦の前半44分、大迫勇也は長谷部誠のパスをダイレクトで決めた。この日は本田圭佑の得点もアシストするなど、強豪相手でも通用することをアピールした。

本田と大迫の共通点と、日本人としての挑戦。

 さらに詳しい解説が西本のブログに書かれている。人体の構造的に、片方の腕だけをリラックスさせることはできず、両腕がきちんと脱力していることがこのシーンにおける鍵だ。

 そう言われると、日本人の中では突出して競り合いに強い本田圭佑は、相手が背後からぶつかってきたとき、首筋、背筋、両腕のすべてをスッと自然に伸ばして、相手を受け止めるイメージがある。パワフルな選手だが、うまく体を使うことで、元々持っている筋肉の出力をさらに効率的に発揮できているのだろう。

 ポストプレーにおいて、うまく体全体の伸筋(たとえば背中側の筋肉)を使えれば、ヨーロッパの屈強な相手に対しても競り合いで勝負できる――。もし大迫がオランダ戦と同様に、ドイツ2部でもしっかりとボールをキープできれば、多くの日本人FWに希望を与えるはずだ。

関連記事

BACK 1 2 3
大迫勇也
本田圭佑
1860ミュンヘン
フリードヘルム・フンケル
西本直
SVホルン
ブラジルW杯
ワールドカップ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ