SCORE CARDBACK NUMBER

川上哲治が遺していった、
チームマネジメントの極意。
~V9戦士に与え続けた刺激~ 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

photograph byKYODO

posted2013/12/13 06:00

川上哲治が遺していった、チームマネジメントの極意。~V9戦士に与え続けた刺激~<Number Web> photograph by KYODO

王貞治氏(手前)は「9連覇は川上監督でなければ成し得なかったと言い切れます」と挨拶。

 巨人のV9監督だった川上哲治氏の「お別れの会」が12月2日、行なわれた。席上で話題になったのは、今オフの巨人の補強のことだった。内野手陣には成長の兆しのある寺内崇幸、故障はあったが大物の片鱗を見せた中井大介、藤村大介、脇谷亮太までいる中で、さらに故障がちの片岡治大を西武から、38歳の井端弘和を中日から獲ったのだ。

 だが、V9戦士たちは意外にもそれを冷静に受け止めていた。「川上さん時代の巨人では当たり前のこと。よそに戦力を持って行かれるのならば、飼い殺しにした方がいいという発想だったから」と言ったのは、遊撃手だった黒江透修だ。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

川上哲治
長嶋茂雄
王貞治
読売ジャイアンツ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ