スポーツで学ぶMBA講座BACK NUMBER

力強い経営理念が強いチームを作る!
楽天を優勝させた「三位一体」の理念。 

text by

葛山智子

葛山智子Tomoko Katsurayama

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki

posted2013/11/29 10:31

力強い経営理念が強いチームを作る!楽天を優勝させた「三位一体」の理念。<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

「東北楽天ゴールデンイーグルス」の運営以外にも、「ヴィッセル神戸」(Jリーグ)、「THE 楽天 LPGA SKINS GAME」(女子ゴルフ)、「楽天オープン」(テニス)など、さまざまなスポーツ事業を手がける楽天グループ。

理念の力強さが球団の成長に直結する。

 この「三位一体」が理念に盛り込まれたことで、楽天の理念が「こういう社会が実現できたらいいよね」という願望から、スタッフ全員の心の中で「こういう社会を確実に創るんだ」という信念・確信に変化をしているように見える。つまり、描いた世界を描きっぱなしで終わるのではなく、実現するための考え方を伝えている。理念に描かれている内容を真の意味で理解し、理念に則ってやるべきことを考えられるスタッフは、自分の想いを想いに留まらせることなく、行動へと変えることができる。つまり球団の成長にしっかり貢献することができる。そこに楽天の理念の強さがあるように感じる。

 楽天の例でみたように、共感を生む理念には、想いや理想だけではなく、その世界を実現すべく存在価値を発揮するために必要な企業の在り方、考え方などが含まれている。このような理念は、スタッフの間に、企業理念の必然性に対する高い「納得感」を醸成し、その企業の存在意義に対する深い理解こそ強い共感を生み出す。

 昨今のパ・リーグのスタジアム改革の様子を見るにつけ、プロ野球をはじめとするスポーツマネジメントにおいても、経営理念の重要性を感じる毎日である。

今回のポイント

◆スタッフと顧客の接点が多いビジネスの場合には、スタッフの内発的な取り組み姿勢が顧客の満足度に大きく影響するため、いかにスタッフの動機づけを行うかが重要である。

◆スタッフの動機づけ・活動の方向付けに大きな役割を果たすものとして経営理念がある。

◆経営理念は、創業者の想いだけではなく、その理念の「必然性」も語る必要がある。それによりスタッフの納得感や共感度を上げることができる。

関連記事

BACK 1 2 3
北海道日本ハムファイターズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
福岡ソフトバンクホークス

プロ野球の前後の記事

ページトップ