リーガ・エスパニョーラ最前線BACK NUMBER

無敗の首位で非難される新生バルサ。
スタイル論争にみる「追う者」との差。 

text by

横井伸幸

横井伸幸Nobuyuki Yokoi

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2013/11/13 10:30

無敗の首位で非難される新生バルサ。スタイル論争にみる「追う者」との差。<Number Web> photograph by Getty Images

リーガ開幕直後に行なわれたスーパーカップでは、2戦トータル1-1ながらアウェーゴールによりバルサが勝利。次回リーガでの対戦は、年明け1月12日の予定。

繋ぐことも、守ることもできるアトレティコの変容。

 だが11月3日に行なわれた第12節アスレティック戦では約57%の支配率でボールを繋ぎ、2ゴールを決めて完勝した。その前節グラナダ戦も同じく2得点で勝利しているが、そのときのボール支配率はおよそ32%と、いつものように低かった。

「グラナダでは真剣に守らねばならないのがわかっていたから、攻撃陣が点を取ってくれるのを待った。でもアスレティック戦は主導権を握って、相手に攻めさせないようにしなければならなかった」

 センターバックのゴディンは試合ぶりの違いについてこうコメントしたが、注目すべきは必要に応じてバリエーションで勝負する力がチームについたことだろう。一本調子でなくなったことは、マドリーの上に立ってバルサのハイペースについて行くためには重要だ。

 ちなみに今季唯一の負け試合、第9節のエスパニョール戦でもアトレティコはボールを保持したが(支配率は50%以上)、「プレースタイルを変えたせい」と叩かれたりはしなかった。バルサやマドリーと並ぶ全国規模の人気クラブにもかかわらず、外部からの要らぬプレッシャーが少ないという点で、アトレティコは恵まれている。

関連記事

BACK 1 2 3
バルセロナ
アトレティコ・マドリー
ヘラルド・マルティーノ
ディエゴ・シメオネ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ