スポーツ・インサイドアウトBACK NUMBER

マイケル・ワッカと秋の若武者。
~Wシリーズで奮闘した超新星~ 

text by

芝山幹郎

芝山幹郎Mikio Shibayama

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2013/11/02 08:01

マイケル・ワッカと秋の若武者。~Wシリーズで奮闘した超新星~<Number Web> photograph by Getty Images

カーディナルスを牽引してきたワッカ(右)とモリーナ。2人の夢は第6戦で潰えた。

フルカウントから、真ん中へチェンジアップで勝負。

 ワッカの武器は、なんといってもチェンジアップだ。直球を投げるときとまったく同じ腕の振りで、彼はこの変化球を投げる。まっすぐの球速が155キロで、チェンジアップが135キロ。20キロの差があると、打者は翻弄される。大きく沈んだり、視界から消えたりするわけではないのだが、なぜかバットに当たらない。こういうチェンジアップを投げたのは、近ごろでは全盛期のヨハン・サンタナぐらいだろうか。

 そういえば、ワールドシリーズ第2戦の6回裏、ワッカとオルティースが対決した場面もなかなか見応えがあった。結果は、オルティースがグリーンモンスターを越える本塁打で貫禄勝ちしたのだが、最後の4球はすべてチェンジアップだった。とくに驚いたのはフルカウントから、ほぼ真ん中にチェンジアップを投げ込んだときだ。

 よほど自信がなければ、あの場面であの球は投げられない。聞くところによると、名捕手ヤディア・モリーナは「気にするな。あの投球でよかった。かならず取り返してやる」といって、ワッカを励ましたという。さもありなん。こういう場面は、きっと後世に語り継がれるにちがいない。

関連記事

BACK 1 2 3
セントルイス・カージナルス
ボストン・レッドソックス

MLBの前後の記事

ページトップ