サッカーの尻尾BACK NUMBER

右にメッシ、左にネイマールの新布陣。
クラシコに見たバルサの“対策”潰し。 

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph byAFLO

posted2013/10/28 12:40

右にメッシ、左にネイマールの新布陣。クラシコに見たバルサの“対策”潰し。<Number Web> photograph by AFLO

移籍前には懐疑論もありながら、バルセロナに着実にフィットし新たな攻撃の形を生み出しつつあるネイマール。メッシとの両翼を止める術はあるのか。

前進するバルサ、迷走するマドリー。

 メッシが目立ったシーンは、これまでのクラシコよりも少なかった。しかし『CFメッシ』に対する相手チームの対策が進む現在(昨季のCLはその分かりやすい例だろう)を考えると、ピッチの左右にネイマールとメッシを配するこの新しい策は効果的かもしれない。

 ピッチを広く使えるだけでなく、相手DFを左右に開くことができ、相手の人数に圧倒されつつあった中央にもスペースが生まれる。もしかしたらバルサはこのクラシコで、巷のバルサ対策への回答を見つけ出したのかもしれない。

 マドリーが不運だったのは明らかだ。ロナウドがエリア内でマスチェラーノに倒された場面は明らかにPKだったし、それが決まっていればまた違う展開になっていただろう。

 しかし、輝くことのなかったベイルの起用法には疑問が上がっている。右なのか、左なのか、あるいは中央なのか。そしてそれ以前に、ロナウド、ディマリア、ベイルというカウンターに適した選手を起用しスピードのある攻めをしたいのか、それとも本来望むサッカー、イスコやモドリッチらテクニシャンによるパスサッカーをしたいのか、指揮官の方向性にまだ答えが出ていない感もある。

 結果は1点差。一見、接戦にも見える。しかしバルサは大きな何かを手にし、一方でマドリーは再び自らのアイデンティティを問い直さなければならない、両者にとっては明暗を分ける1戦になったのではないだろうか。

関連記事

BACK 1 2 3
バルセロナ
レアル・マドリー
カルロ・アンチェロッティ
ネイマール
リオネル・メッシ
アンドレス・イニエスタ
セルヒオ・ラモス
ヘラルド・マルティーノ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ