Sports Graphic Number MoreBACK NUMBER

<HONDA Method> ソルティーロが本田圭佑を超える日 連載第8回 「本田が示したスクールの方向性」 

text by

榎森亮太

榎森亮太Ryota Emori

PROFILE

photograph byHONDA ESTILO

posted2013/10/01 06:01

<HONDA Method> ソルティーロが本田圭佑を超える日 連載第8回 「本田が示したスクールの方向性」<Number Web> photograph by HONDA ESTILO

8月中旬、ウルグアイ戦を前にソルティーロのスタッフとともに自主トレを行なう本田圭佑。

年間40校創設は全国展開への第一段階でしかない。

 実は、ソルティーロは8月に1年のノルマを立てたばかりなのです。年間40校創設――それは全国津々浦々300校という本田が掲げる構想の第一段階に過ぎません。ただ、現実的には相当厳しい。今は、目の前の目標を実現すべく場所の選定と人材の確保に奔走しています。しかも、僕らが目指すのはスクールの数をフランチャイズ的に増やすことではない。

 創設1年で9校開校しましたが、2年目はその4倍以上――自分たちのキャパシティを超える仕事量をこなしながら、決して質は落とせない。この2つの相反する命題をクリアするために最も重要なのは人材の確保です。本田のメソッドを薄めることなく、いや濃くしながら注入していく。年に数回の本田との邂逅は子供たちだけでなく、我々スタッフにとっても一瞬も見逃せない時間です。

<あなたと本田圭佑をつなぐ夢のQA
小中高校生のみなさまから本田圭佑選手への質問とメッセージを募集します。本田選手に聞いてみたいことをハガキに書いてお送りください。みなさまの質問の中から厳選して、連載スペシャル版で本田圭佑選手に誌上にて答えてもらいます。宛先は以下の通り。たくさんのご応募をお待ちしております。

〒102-8008 東京都千代田区紀尾井町3-23
(株)文藝春秋ナンバー編集部 Q&A係

*住所、氏名、年齢(学年)、電話番号をご記入ください。質問が選ばれた場合は、質問の内容と氏名、年齢(学年)のみ誌上に掲載させていただきます。

関連記事

BACK 1 2
本田圭佑

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ