欧州サムライ戦記BACK NUMBER

内田篤人、「ポロッと」CL初得点。
シャルケを救った“嬉しくない”ゴール。 

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph bypicture alliance/AFLO

posted2013/09/19 12:00

内田篤人、「ポロッと」CL初得点。シャルケを救った“嬉しくない”ゴール。<Number Web> photograph by picture alliance/AFLO

悪い流れを断ち切るゴールを生んだ内田は、チームメイトに手厚い祝福を受けた。内田がチームを救ったのだと、誰もが感じていたに違いない。

試合後、いつもと違う行動を見せた内田。

 そんな内田は試合後に、普段とは少し異なるアクションを見せていた。

 チームメイトたちからの祝福を受けた後、その輪を離れ、ステアウアの10番を背負うタナセのもとにわざわざ握手を求めに行ったのだ。

 タナセはステアウアの中心選手で、左MFでプレーする。内田と90分間にわたりマッチアップした選手だ。

「相手チームのエースだから。あいつは良い選手だった。違うチームにいたら、厄介だなっていうね」

 ディフェンダーとしての本分は相手のエースに仕事をさせず、失点を防いで、チームに貢献すること。ステアウアに一度もゴールを割らせずに、勝利をつかんだことが嬉しい。

 あの握手は、そんな手ごたえをかみしめる儀式だったのかもしれない。

関連記事

BACK 1 2 3 4
シャルケ
内田篤人
ステアウア・ブカレスト
欧州チャンピオンズリーグ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ