Sports Graphic NumberBACK NUMBER

<ヤクルト新監督の野球哲学> 小川淳司 「燕を甦らせた男の眼力と深謀遠慮」 

text by

阿部珠樹

阿部珠樹Tamaki Abe

PROFILE

photograph byDaisaku Nishimiya

posted2010/11/19 06:00

<ヤクルト新監督の野球哲学> 小川淳司 「燕を甦らせた男の眼力と深謀遠慮」<Number Web> photograph by Daisaku Nishimiya

「攻撃重視」を起用法で示し、選手の意識を変えていく。

「ぼくが代行になった時点での不調の原因ははっきりしていました。得点力不足です。中軸を期待していた外国人選手が全くの不振で点が入らない。ただ、ホワイトセルを獲ってくれたことで、少し上昇の兆しが出た。もう一枚欲しい。それで畠山を上げたんです」

 ただ上げただけではない。一軍でほとんど守ったことのない外野の守備に就かせ、中軸で起用したのだ。

「点が取れないから、点を取る野球をやろうといっても、すぐに選手の考えが変わるものでもない。ただ、起用法で攻撃を重視しているんだということが示せれば、選手の意識も自然に変わっていくだろうと思いました。畠山の外野はひとつの賭けです。なぜだといわれるとも思っていました。でも、全然根拠がないわけじゃない。二軍では40試合ぐらい守ったこともあるんですよ」

 その畠山は小川の期待に応え、規定打席には達しなかったものの、打率3割をクリアし、満塁本塁打を2本打つなど得点力アップに貢献した。思い付きではなく根拠のある起用、選手の眠っている能力を開花させる忍耐と着眼。小川らしさが出た起用だった。

この記事は、雑誌「Number」766号に掲載されたものの一部です。
(記事の全文は、雑誌「Number」766号、もしくはNumberモバイルでお読みいただけます)
ベースボールファイナル2010~日本シリーズ完全詳報~
コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

東京ヤクルトスワローズ
小川淳司

プロ野球の前後のコラム

ページトップ