サッカーの尻尾BACK NUMBER

今季のリーガは「再生」の時。
二強の変化と追う者たちの戦略。 

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph byMarcaMedia/AFLO

posted2013/08/14 08:02

今季のリーガは「再生」の時。二強の変化と追う者たちの戦略。<Number Web> photograph by MarcaMedia/AFLO

プレシーズンマッチで早速ゴールを記録し、ロナウドの新ポジションでのスタートは上々。メッシから得点王の座を奪還し、リーガの盟主に再び返り咲けるか。

アトレティコは二強の優勝争いに絡めるか。

 ちなみにアンチェロッティはロナウドを左サイドの守備からも解放した(モウリーニョとロナウドに確執が生まれたひとつの要因だった)。それも、エースを得点へと専念させるためだ。

 ロナウドと中盤の性質の変化は、今季のマドリーにおいて最も興味深い点だ。クラシコでの中盤のマッチアップも、これまでよりも面白いものになると見ている。

 二強以外で優勝争いに絡んでくるとすればアトレティコだ。ファルカオが抜けたCFのポジションに入ったビジャが機能すれば、リーガは一層面白くなるだろう。

 バルサでは左サイドでプレーし続けたことで鬱憤が溜まっていた。アトレティコでは久々に本職でプレーすることができ、何よりも来年にはワールドカップが控えている。スペイン代表の“9番(センターFW)”としてプレーするため、モチベーションは高まっているはずだ。

 彼にチャンスを供給する周囲のクオリティも十分に高い。昨季旋風を巻き起こしたMFアルダに加え、FWジエゴ・コスタ、また急成長を見せスペイン代表入りしたMFコケもいる。昨季リーガとCLで実力を示した元マラガのCBデミチェリスも補強するなど、バックアップも整っている。リーガが二強の独走状態にならないためにも、一番頑張ってもらわなければならないチームだ。

二強を追うクラブが、リーガを盛り上げる。

 CL圏内を狙うバレンシアは点取り屋ソルダードが抜けた穴をどう埋めるかに尽きる。ポスティガを補強したが、ビジャとは違ってどれだけ結果を残せるかは未知数だ。むしろ、プレシーズンで偽9番のポジションで試されたMFジョナスが、流行の0トップをどうこなすかには注目してみたい。

 クラブはMFバネガを中心にこれからのチームを築こうとしているように、彼にかかる期待も大きい。中盤での組み立てだけではなく、より得点に絡むプレーを増やし、「バネガ、ジョナス、ポスティガ」のトリオで抜けたエースの得点力を埋めたい。

 昨季4位のレアル・ソシエダは、仮にリヨンとのCLプレーオフを突破すれば、二足のわらじがリーガにマイナスの影響を及ぼすだろう。中盤の核としてプレーしたMFイジャラメンディが抜けた穴は大きく、現実的にはEL圏狙いが妥当か。その他では、主力放出で戦力ダウンの感が否めないマラガやセビージャ、MFベニャの補強で立て直しを図るアスレティック・ビルバオが上位に絡んできそうだ。スペインでは珍しい3バックで挑もうとしているルイス・エンリケのセルタなど、興味深いチームもある。

 二強に続くクラブから、多くの選手が国外へと去っていった。リーガがコンペティションとして魅力的な1年になるかどうかは、これらのチームの奮起にかかっている。

関連記事

BACK 1 2 3
レアル・サラゴサ
レアル・マドリー
バルセロナ
ネイマール
ヘラルド・マルティーノ
カルロ・アンチェロッティ
クリスティアーノ・ロナウド
アトレティコ・マドリー
バレンシア

海外サッカーの前後の記事

ページトップ