プロ野球亭日乗BACK NUMBER

“選手のミス”が救った日本シリーズ。
「プロ」の監督が揮うべき采配とは? 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byKoji Asakura

posted2010/11/14 08:00

“選手のミス”が救った日本シリーズ。「プロ」の監督が揮うべき采配とは?<Number Web> photograph by Koji Asakura

1975~1980年、1993~2001年の2期15年にわたり巨人の監督を務めた長嶋。勘やひらめきに頼りがちな采配は批判の対象ともなった一方、ファンに鮮烈な印象を残した

ファンを魅了し、試合にも勝つのが「プロ」の監督だ。

 だから夜中の11時過ぎまで完全中継された第6戦の平均視聴率は18.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)で、瞬間最高視聴率は27.9%を記録した。優勝の決まった第7戦も平均20.6%で、瞬間最高は34.1%まで跳ね上がった。

 テレビにとって野球中継も捨てたものではない。

 “面白い”試合ならば、日本シリーズというコンテンツは、まだまだ魅力的だし、ファンを引きつけるのに十二分の力があることを、結果的に証明したシリーズとなった。

 プロ野球とは勝つことだけがファンサービスではない。

 ファンを魅了して勝つことこそがファンサービスであり、そういう条件の下でも勝てる采配をすることが、「プロ」の監督の仕事なのである。

関連記事

BACK 1 2 3
落合博満
長嶋茂雄
中日ドラゴンズ
千葉ロッテマリーンズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ