NumberEYESBACK NUMBER

韓国プロ野球で蘇った
門倉健、15年目の絶頂。
~東京ドームで凱旋登板へ~ 

text by

キム・ミョンウ

キム・ミョンウKim Myung Wook

PROFILE

photograph byUniphoto Press

posted2010/11/12 06:00

韓国プロ野球で蘇った門倉健、15年目の絶頂。~東京ドームで凱旋登板へ~<Number Web> photograph by Uniphoto Press

韓国で2シーズン以上プレーした日本人は、門倉が初めて

 今季の韓国プロ野球でシリーズを制覇し、11月13日に東京ドームで開催される日韓クラブチャンピオンシップに出場する日本人がいる。かつて中日、近鉄、横浜、巨人でプレーし、昨季から韓国のSKワイバーンズに所属する門倉健だ。

 今年で37歳になる門倉は今、絶頂期を迎えている。今季は14勝7敗で防御率3.22と、15年のプロ野球人生において最高の成績を収めた。開幕戦に先発して勝利投手となり、その後は破竹の勢いで7連勝。4月は月間MVPも獲得した。

 なぜこれほど結果を残せているのか。その理由は大きく2つある。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1165文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

ベースボールファイナル2010~日本シリーズ完全詳報~
門倉健
SKワイバーンズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ