コンフェデ杯通信BACK NUMBER

試合を変えたネイマールの全力疾走。
若きセレソン、ウルグアイ戦の果実。 

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2013/06/27 11:55

試合を変えたネイマールの全力疾走。若きセレソン、ウルグアイ戦の果実。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

「(ウルグアイ戦は)今回の大会で最も出来の悪い試合だった」と試合後にコメントしたネイマール(右)。「でも今日の試合は、このチームが成熟するいい経験になったと思う」

マラカナンのピッチで、若きセレソンは大人になる。

 スコラーリは振り返る。

「今日の勝利はサポーターのおかげだ。彼らが選手を奮い立たせてくれたんだ。ブラジルはいい試合をみせることができなかったが、こういった試合はチームが成熟するために役立つ」

 先制しながらも、試合をコントロールすることはできなかった。

 余計なミスも多く、十分な決定機を作ったとも言えない。

 グループリーグでの3試合と同じように、この試合も2得点ともネイマールから生まれたものだ。

 しかし今大会でブラジルが苦しい試合をしたのは初めてのことだ。決勝を前に、苦しみながら勝ったこのウルグアイ戦の経験は大きく役立つことだろう。

「難しい試合だった。今日はいいプレーはできなかったが、結果は出すことができた。こういう試合で大事なのは結果なんだ。決勝の切符を手にすることが何よりも重要だったから」

 決勝点を決めたパウリーニョは言う。

 ウルグアイという亡霊を振り払ったブラジルは決勝でマラカナンのピッチに立つ。若きセレソンは、大会を戦う中で、少しずつ大人のチームになろうとしている。

関連記事

BACK 1 2 3
ネイマール
ディエゴ・フォルラン
ルイス・スアレス
エディンソン・カバーニ
オスカル
フレッジ
ルイス・フェリペ・スコラーリ
チアゴ・シウバ
パウリーニョ
ジュリオ・セザル

海外サッカーの前後の記事

ページトップ