リーガ・エスパニョーラ最前線BACK NUMBER

スペイン代表が驚きの布陣変更。
裏には監督によるシャビへの配慮!? 

text by

横井伸幸

横井伸幸Nobuyuki Yokoi

PROFILE

photograph byKeita Yasukawa

posted2013/06/25 10:31

スペイン代表が驚きの布陣変更。裏には監督によるシャビへの配慮!?<Number Web> photograph by Keita Yasukawa

「無敵艦隊」スペイン代表の栄光を長らく支えてきた司令塔シャビも今年で33歳。2014年W杯後の代表引退が示唆されているが……。

シャビはスペイン代表の何が気に入らないのか?

 ドブレ・ピボーテの4-2-3-1でプレイするとき、下がるスペースのないシャビは敵ゴールに背を向けてボールをもらうことが多くなる。

 この点をシャビは気にしていたようだが、デルボスケは「そんなプレイをしてもらいたいなんて全く思っていない。前を向いて、攻撃の起点になってもらいたい」と言って聞かせたという。

 ちなみに、雑誌『Number』830号のためにシャビにインタビューした際、ドブレ・ピボーテについて聞くと、彼はこう答えた。

「味方が自分より前に多くいる方がやりやすいのは確かだ。自分の後ろにピボーテ2人となると、パスコースが最低1つは減るわけだから、ボールを前へ進めるための選択肢も減ってしまう。ただ、ドブレ・ピボーテのおかげでリスクを冒せる場合もある。ボールを失っても背後はカバーされているからね」

今のところピボーテひとりの新フォーメーションは完璧に機能している。

 グループリーグを終えた時点で、スペインの新フォーメーションは機能している。

 ウルグアイ戦ではデルボスケ期最高のパス回しを見せ、ナイジェリア戦では、途中の修正を要しはしたが、ピボーテ1人でも中盤の守備は破綻しないことをひとまず証明した。

 そしてシャビは、シーズンの疲れを溜め込んだ身体に鞭打ちながら、ブスケッツの横まで下がってボールをもらい、いつもどおり的確な状況判断で攻撃のリズムを整えている。

 デルボスケの実験はいまのところ成功している。

関連記事

BACK 1 2 3
シャビ・アロンソ
ビセンテ・デルボスケ
セルヒオ・ブスケッツ
ハビエル・マルティネス
シャビ・エルナンデス

海外サッカーの前後の記事

ページトップ