欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

雌雄を決するレアルとバルサ。
勝負の決め手は“監督力”にあり!! 

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2010/08/28 08:00

雌雄を決するレアルとバルサ。勝負の決め手は“監督力”にあり!!<Number Web> photograph by Getty Images

欧州CLの試合前に笑顔を交わすメッシとモウリーニョ。メッシはインテルに負けた借りをレアルで返せるか?

モウリーニョ就任がレアルに多大なる変革をもたらす。

 しかし最大の補強はモウリーニョだ。LA合宿に帯同した関係者は言う。

「昨季と比べて練習中の選手の集中も違う。密度の濃い、短時間の練習になった」

 合宿中に遅刻した選手を宿舎に置き去りにし、そのまま練習を始めたこともあった。ある日の練習中にモウリーニョは選手の前でベンゼマにこう叫んだという。

「10時に眠ったまま練習場に来て、11時になってもまだ寝ているのか」

 モウリーニョは監督として初めてスペインの地を踏むが、かつてバルセロナで通訳兼監督補佐の仕事をこなしており、このリーグの土壌を理解している。言葉も問題ない。リーガ初挑戦の監督の「経験のなさ」というマイナス要素は彼の場合はあてはまらない。

完成度に磨きをかけるバルサはCLとリーガの二冠を目指す。

 変革のレアルに対し、バルサは継続の道を進む。

 ビジャ以外は地味な補強に終始したが、このチームはすでに完成されたチーム。グアルディオラは今季もこれまで通りのサッカーの実現を目指すだけだ。

 シャビ、イニエスタ、ブスケッツがいる限り、その中盤でパスは回り続けるだろう。そして例によってメッシがいる。

 バルサが今季CLとリーガのタイトルを取れば、近代クラブサッカー史において最高のチームであるということの証明にもなるはずだ。

 練習メニュー、ロッカールームの雰囲気、戦い方など、どんな常勝チームにもおとずれる「マンネリ感」を、選手の頭からどう回避するか。グアルディオラに問われるのはそこかもしれない。

 レアルとバルサ。来年5月、どちらかが必ず優勝カップを掲げる。そしてその勝ち点差は、昨季のように僅差となるだろう。

 そんな小さな差を生むのはもしかしたら、いま世界で最も注目される二人の監督力かもしれない。

 2つの直接対決と二人の指揮官。2010-2011シーズンのリーガの行方はそこにかかっている。

関連記事

BACK 1 2
レアル・マドリー
バルセロナ
ジョゼ・モウリーニョ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ