Jリーグ万歳!BACK NUMBER

鉄壁守備が売りの大宮で異彩を放つ、
“危なっかしい男”高橋祥平の魅力。 

text by

細江克弥

細江克弥Katsuya Hosoe

PROFILE

photograph byAFLO

posted2013/05/13 10:30

鉄壁守備が売りの大宮で異彩を放つ、“危なっかしい男”高橋祥平の魅力。<Number Web> photograph by AFLO

サイズのハンデを読みと反応でカバーする、日本人らしいCB。代表を狙っていることを公言する、発言の直截さも魅力の1つだ。

「土屋さんに『代表に選ばれましたよ』って報告したい」

 若さゆえの勇気とアグレッシブさ。若さゆえの荒々しさ。その両方を持って気持ちでもポジショニングでも“前”で勝負できるのが高橋の魅力であり、リスクでもある。

 高橋は言う。

「センターバックの中では小柄だし、あんまりいないタイプかもしれないですね。でも、若いうちからたくさん経験させてもらっているので、それを生かして頑張りたい。ヴェルディで一緒だった土屋(征夫)さんを目指しているんです。僕と同じように大きくないのに、あれだけすごい選手ですから」

 その後に付け加えたひとことも、実にアグレッシブで気持ちがいい。

「それから僕、日本代表になりたいんです。日本代表に選ばれて、土屋さん『選ばれましたよ』って報告したい。そのためはまず、大宮で結果を残さないといけないですね。はい。とにかく頑張るだけッス」

 出場停止明けの柏レイソル戦。セットプレーからチームの2点目を決めた高橋は、満面の笑みを浮かべてベンチに飛び込んだ。“反省期間”に溜め込んだ心の鬱憤を晴らし、温かく見守ってくれるチームへの感謝を表明する意味で、このゴールが持つ意味は大きかった。

 常に前で勝負しようとするプレーも、“大人の言葉”を選ぼうとする会話も、やはりどこか“危なっかしい”。しかしだからこそ、高橋祥平というセンターバックに魅力を感じるのである。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
大宮アルディージャ
高橋祥平
菊地光将

Jリーグの前後の記事

ページトップ