Jリーグ万歳!BACK NUMBER

鉄壁守備が売りの大宮で異彩を放つ、
“危なっかしい男”高橋祥平の魅力。 

text by

細江克弥

細江克弥Katsuya Hosoe

PROFILE

photograph byAFLO

posted2013/05/13 10:30

鉄壁守備が売りの大宮で異彩を放つ、“危なっかしい男”高橋祥平の魅力。<Number Web> photograph by AFLO

サイズのハンデを読みと反応でカバーする、日本人らしいCB。代表を狙っていることを公言する、発言の直截さも魅力の1つだ。

プロとしての自覚と若者らしい“やんちゃ”な面と。

 あの時のことを、本人はこう振り返る。

「ファウルじゃないのは確かだと思うんですけど、それでも、現実を受け止め切れなかったことが自分の器の小ささというか……。もうちょい器が大きければ、チームにも迷惑を掛けずにやれたと思うので。それについては反省しました。ああいうことが二度と起こらないようにしないと……本当にそう思います」

 ややうつむき加減でそう語る彼の表情は、真剣そのものである。本心からは納得できない感情を押し殺して言葉を選ぶその姿には、プロ選手としての自覚と、まだ21歳の若者らしいあどけなさに加えて“やんちゃ”な一面も垣間見える。

 もちろん、レフェリーに不満をぶつけて判定が覆るわけではない。怒りに任せてペットボトルを蹴り上げる行為は、アスリートの姿勢として不十分である。しかしその熱さと激しさに、危なっかしさを伴った大きな魅力を感じるのである。

まだ21歳だが、出場試合数100を超える経験を持つ高橋。

 高橋は、ジュニア年代から育成の名門・東京ヴェルディの下部組織で育った。

 ユースに在籍していた'09年には当時トップチームの監督を務めていた高木琢也の目に留まり、開幕スタメンでJリーグデビュー。17歳4カ月8日でのプレーは、稲本潤一の17歳6カ月25日を更新するJリーグ開幕戦最年少出場記録となった。'09シーズンはその後も出場機会を与えられ、25試合に出場。10シーズンは左サイドバックとしてもピッチに立ち、11シーズンには19歳にしてロンドン五輪を目指すU-22日本代表に合流するなどその能力を高く評価された。

 現在21歳。しかし既にJ2を4シーズンも経験し、出場試合数は100を超える。そのポテンシャルと経験に裏打ちされた“伸びシロ”に目をつけたのが、大宮だった。

 新天地では開幕からスタメンの座を獲得。大宮にとっては昨季後半のレギュラーだった河本裕之(ヴィッセル神戸)が抜けた穴をどう埋めるかが大きなポイントだったが、高橋はそこにすんなりと収まり、菊地光将と並んでセンターバックを形成した。

 しかし、個人的に感じる彼のポジティブな“危なっかしさ”は、若者らしい熱さや激しさだけではない。

 身長は180センチ。体重は70キロ。

 センターバックとしては決して大きくもなければ、太くもない。むしろ実際に本人を目の前にすると、身長も体重ももう一回り小さく見える。

 ただし、高橋は“前”で勝負できる。それがセンターバックとして彼に感じる“危なっかしさ”のポジティブな側面なのである。

【次ページ】 リスク回避型の守備と、リスクを負った上での守備と。

BACK 1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

大宮アルディージャ
高橋祥平
菊地光将

Jリーグの前後のコラム

ページトップ