欧州CL通信BACK NUMBER

4得点の重圧と1失点のリスク……。
メッシ復調もバルサDF陣に残る不安。 

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph byAFLO

posted2013/05/01 11:10

4得点の重圧と1失点のリスク……。メッシ復調もバルサDF陣に残る不安。<Number Web> photograph by AFLO

バルセロナのDF陣、ピケ、アルバ、バルトラと絡むバイエルンのMFマルティネス。準決勝第1レグでは、豊富な運動量でバルサの中盤を圧倒した。

プジョルもおらず、多くが不安を抱えるバルサDF陣。

 しかし押し込むが故に、後方のスペースは空き、失点のリスクも非常に高くなる。

 最終ラインには軸となるプジョルがおらず、復帰が噂されるマスチェラーノも100%にはほど遠い。若手のバルトラは不安を抱え、アルバの代わりに出場するアドリアーノも負傷明けだ。

 1失点でもすれば、バルサに「6得点」という重圧がのしかかる。それは4点を決めなければという重圧の何倍も大きなものだ。

 もしバルサが逆転突破することがあれば、それはクラブの歴史に残る偉業になる。メッシはさらに伝説化するだろう。

 しかし0-4というスコアと、バルサ守備陣の現状、そしてバイエルンの状態を冷静に考えた場合、その可能性は限りなく小さいといわざるをえない。

関連記事

BACK 1 2 3
バルセロナ
バイエルン
ティト・ビラノバ
ジョルディ・ロウラ
リオネル・メッシ
シャビ・エルナンデス
ハビエル・マルティネス
アンドレス・イニエスタ
バスティアン・シュバインシュタイガー
欧州チャンピオンズリーグ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ