MLB東奔西走BACK NUMBER

中継ぎ投手・上原浩治が絶好調!
数字が証明するMLB屈指の凄さとは? 

text by

菊地慶剛

菊地慶剛Yoshitaka Kikuchi

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2013/04/30 10:30

中継ぎ投手・上原浩治が絶好調!数字が証明するMLB屈指の凄さとは?<Number Web> photograph by Getty Images

もはやレッドソックスのベンチ内での名物と言ってもいい、上原浩治投手のハイタッチ。笑顔でベンチ内のムードを盛り上げる。

WBC、中継ぎを揃えたドミニカと先発偏重だった日本。

 余談になるが、今回のWBCに関しても、ドミニカ共和国は球数制限を考えて先発投手は3人だけに抑え、残りはすべて中継ぎ投手を揃え見事に初優勝した。それに対し、日本はほとんど先発投手ばかりを揃え、明確なビジョンもないまま場当たり的に先発投手を中継ぎに起用して失敗した。

 この結果を見ても、中継ぎ投手に対する認識の日米格差を解消していくのは日本の大きな課題だろう。

「シーズンに入ったらとにかく結果がすべて。内容は本当に気にしないです。どんないいボールでも打たれたら僕の負けですし、どんな悪いボールでも結果的に抑えられればそれでOKです」

 これまで常に上原が何度も繰り返してきた言葉だ。彼の言動が周りからどう受け取られようとも、成績、結果という事実は変えようがないという上原なりのこだわりだ。だからこそ打たれた時でもメディアの前では一切言い訳をしない潔さを併せ持っている。

「アクセルを踏みっぱなしでブレーキをかけるつもりはない」

 4月16日に抑えのジョエル・ハンラハン投手が故障者リスト入りしてから、微妙に上原の起用法に変化が見えているが、現在も田澤純一投手(彼もここまで日本で正当に評価されていない1人だと確信する)ととともに、代理役を務める抑えのアンドリュー・ベイリー投手につなぐ重要な役割を演じていることに変わりはない。

「精神的にしんどいので最後まで持つかわからないし、絶対にどこかで壁が来ると思います。でも来る限りは突っ走るべきだと思ってます。アクセルを踏みっぱなしでブレーキをかけるつもりはない。アクセルを踏んだまま壁をぶち破ればいいだけですから」

 自分がチームに貢献したいという充実感を胸に、心から優勝を味わいたいと話す上原。現在のように首脳陣から信頼され、投げる場所を与えられ続ける限り、彼は脇目もふらず全力で走り続ける。

 今後も上原の投球から滲み出てくる生き様に刮目していきたい。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
ボストン・レッドソックス
上原浩治
ジョン・ファレル

MLBの前後の記事

ページトップ