Number on NumberBACK NUMBER

人口375万人の強豪。
~小さなスポーツ王国プエルトリコ~ 

text by

小川勝

小川勝Masaru Ogawa

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki

posted2013/04/30 06:00

人口375万人の強豪。~小さなスポーツ王国プエルトリコ~<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

3月に行われたWBCで準優勝したプエルトリコ。モリーナ、リオスをはじめとした実力派メジャーリーガーを擁する相手に、侍ジャパンが苦杯を喫したのは記憶に新しい。

 WBCはドミニカ共和国の初優勝、日本は準決勝敗退という結果だった。優勝チームや日本の敗退という注目ポイント以外で2013年大会を振り返ってみると、準優勝のプエルトリコが非常に興味深いチームだった。興味をそそる理由はまず、通算5勝4敗という成績で準優勝している点だ。2次ラウンドでは敗者復活戦に回ったため大会最多の9試合を戦っている。

 12日間で9試合だから、投手陣のやり繰りは厳しかったはずだ。そんな中で準優勝したのは、肝心の試合で接戦をものにしたからだった。

 チームデータを見ても興味深い。打線のほうはC・ベルトラン(カージナルス=今季年俸13億3500万円)、Y・モリーナ(カージナルス=同14億2000万円)、A・リオス(ホワイトソックス=同13億円)といった大物大リーガーがそろっていたものの、チーム打率は「.216」で出場16カ国中12番目に過ぎなかった。チームOPS(出塁率+長打率)も「.581」で12番目。本塁打は9試合で2本だけ。4強に残ったチームの中で、最も少なかったのである。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1700文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<緊急特集> こんな日本代表が見たい。

MLBの前後の記事

ページトップ