甲子園の風BACK NUMBER

地方強豪が全国の強豪になるには?
聖光学院で考える甲子園ベスト8の壁。 

text by

田口元義

田口元義Genki Taguchi

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2013/04/03 10:30

地方強豪が全国の強豪になるには?聖光学院で考える甲子園ベスト8の壁。<Number Web> photograph by Kyodo News

スタンドに礼をした後、引き上げる聖光ナインたち。約4年間、県内公式戦負け無しの誇りと責任をもって、夏の大会で再びベスト8の壁に挑んでほしい。

敦賀気比のエースに力及ばず……だが、手応えはあった。

 結果的に敦賀気比のエース・岸本に翻弄された形となったが、聖光打線は初回から小技を使うことなくファーストストライクを積極的に狙い、変化球にも対応していた。8回の3点は岸本からではなく、2番手の三染真利からの得点だったものの、選手たちが確かな手応えを掴んだのも事実だった。

 主砲の園部は言う。

「新チームが始まってから、監督さんからずっと『力がない』と煽られてきたなかで、3点取れたのは自信になりました。攻め切れずに負けてしまったのは自分たちの力がなかっただけなので、チームとしても個人的にもレベルアップして全力で戦えるようにしていきたいです」

 監督、選手ともに敗戦の原因を「力の無さ」と述べる。ただ、断じて弱いチームではない。センバツでのベスト8という結果が、そのことをはっきりと証明できた。なにより、斎藤監督ももう、選手たちに対して「お前たちは弱い」とは言わないはずだ。

進化させた「二刀流」で、夏はもっと上のステージへ。

 それを踏まえて聞いてみた。「夏へ向けて、今度は選手たちにどのようにハッパをかけていきますか?」と。

 すると指揮官は、うん、と大きく頷いてから力強くこう答えた。

「センバツでは、自分たちの限界、上には上がいるということを学習できました。それでも選手たちは、相手に向かっていくというチャレンジ精神は持ち続けています。ハッパをかけるというよりは、夏まであと3カ月と少ししかありませんから、ひたむきにレベルアップを図っていきますよ」

 弱さを自覚してきたチームが、機動力と攻撃力の「二刀流」で掴んだ自信。この夏、聖光学院はさらなる進化を遂げ、ひたむきに、そして貪欲に上のステージを目指す。

関連記事

BACK 1 2 3 4
八百板飛馬
園部聡
岸本淳希
聖光学院高校
敦賀気比高校

高校野球の前後の記事

ページトップ