ソチ五輪 雪と氷の情熱BACK NUMBER

“日本人らしいプレー”で五輪出場!
女子アイスホッケーが強くなった方法。 

text by

戸塚啓

戸塚啓Kei Totsuka

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2013/02/20 10:31

“日本人らしいプレー”で五輪出場!女子アイスホッケーが強くなった方法。<Number Web> photograph by Kyodo News

ソチ五輪最終予選でデンマークを破り、五輪出場を決めた女子アイスホッケー日本代表。日本の全競技中で最初に五輪出場を決めたチームとなった。

サイズの差を埋めるのではなく更にスピードアップを!

 飯塚監督がまず思い描くのも、チームのベースアップだ。

「サイズの差は埋められませんので、あらゆる意味でスピードを上げていくのは重要なキーワードになります。とくに判断のスピードはずっとアプローチしてきましたが、まだまだ足りないと感じます」

 得点力も課題にあげた。

「五輪ではひとつ上のレベルが相手になる。最終予選はオフェンスゾーンでのプレーが長かったですが、今後は短い攻撃時間のなかで得点をあげなければならない。となると、シュートの精度をあげるのは必須条件です」

 ソチ五輪の組み合わせは変則的で、ランキング下位に厳しい。日本はスウェーデン、ロシア、ドイツとのグループで2位以内に入り、カナダ、アメリカ、フィンランド、スイスの上位4カ国のいずれかと準々決勝で戦う。すべてがランキング上位国との対戦だ。飯塚監督が率いるチームの眼前には、高くて厚い壁がそびえている。

「世界の強豪に比べたら我々はまだまだですが、出場するからには次のステップとして、選手たちにメダルを意識させたい。この1年間の成長を考えれば、五輪で表彰台を目ざすのも不可能ではないと思っています」

 長く仰ぎ見てきた頂きを、到達可能な高みと見なすにはまだ少し早い。それでも、登頂ルートを捜し当てるところまでは辿り着いた。

 負けた悔しさを原動力に鍛えられてきたチームは、勝つ喜びを推進力に1年後へ向かっていく。アイスホッケーをメジャースポーツとする夢に、自分たちの誇りを重ね合わせて。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

カーナ・マクラウド
飯塚祐司
坂井寿如
ソチ五輪
オリンピック・パラリンピック

冬季スポーツの前後のコラム

ページトップ