Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<本音激白> C・ロナウド 「僕とメッシとバロンドール」 

text by

田村修一

田村修一Shuichi Tamura

PROFILE

photograph byRealmadrid.com

posted2013/01/07 06:00

<本音激白> C・ロナウド 「僕とメッシとバロンドール」<Number Web> photograph by Realmadrid.com
2シーズン連続で公式戦50ゴール以上をあげているこの男の実力に、
もはや異論を挟む者などいないだろう。しかしながら、
世界最高選手の称号は同世代のライバルに与えられ続けてきた。
2013年1月7日のバロンドール発表を前に
クリスティアーノ・ロナウドは何を思うか。
過熱する報道への反論や常に比較されるメッシという存在、
スーパースターゆえの宿命について、その胸のうちに鋭く迫った。

 クリスティアーノ・ロナウドは、リオネル・メッシと並ぶ世界最高の選手であり、今年のFIFAバロンドール最終候補にも選出された。だが、性格はもちろん、プレースタイルも今日に至るまでの経歴も、ライバルのメッシとは対照的である。

 そのロナウドが、今の心境を吐露した。充実した2012年の成果やバロンドールへの思い、自身に対する省察、もちろんメッシのことも。派手なイメージの陰に隠れて滅多に表に出ることのない、等身大の彼の姿をここにお届けする。

――2012年はどんな年でしたか?

「とてもいい年だった。レアル・マドリーでのこれまでの3年間との大きな違いはリーガを制覇したことで、その達成感が一番大きいように思う。バルセロナという最大のライバルを上回って、世界で最も厳しいリーグのチャンピオンになった。困難が増せば増すほど、勝利の価値もあがるからね。コレクティブな面だけでなく、個人的にもとてもよかった」

――では自分が今年の最優秀選手だと考えていますか?

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 6773文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<日本代表2013→2014> 蹴球維新。~史上最強のザックジャパンが見たい~

海外サッカーの前後の記事

ページトップ