海外サッカーPRESSBACK NUMBER

富豪オーナーの堪忍袋は破裂寸前。
トーレス不発でベニテスの首が飛ぶ? 

text by

山中忍

山中忍Shinobu Yamanaka

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2012/12/17 11:35

富豪オーナーの堪忍袋は破裂寸前。トーレス不発でベニテスの首が飛ぶ?<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

欧州王者の9番(写真左)トーレスと南米王者の9番ゲレーロ。世界一のクラブ、世界一のストライカーの座は南米のものとなった。

 クラブワールドカップ2012で、最も活躍しなければならなかった男。それは、フェルナンド・トーレスだっただろう。

 チェルシー移籍2年目の9番は、優勝最有力候補の新エース。昨季限りで去った旧エース、ディディエ・ドログバの穴埋めをしなかったクラブの補強方針からは、トーレス獲得に5000万ポンド(約65億円)を支払ったロマン・アブラモビッチによる、贔屓にも近い期待が覗える。

 富豪オーナーが、11月後半にラファエル・ベニテスを暫定監督に迎えた理由の1つは、古巣リバプール時代の恩師によるトーレスの蘇生と言われる。

 今季前半戦でのチェルシーの主役は、エデン・アザール、オスカル、フアン・マタと並ぶ、2列目の技巧派トリオだが、大会公式プログラムに、チェルシー選手を代表して掲載されていたのは、1トップで3名のサポートを受けるトーレスのインタビューだ。プログラムを手に観戦する日本人サポーターによる声援は、女性ファンによる黄色い声を含めて人一倍。スタジアム周辺では、『トーレス 9』のユニフォームを高々と掲げた売り子たちが、グッズ販売に精を出していた。

栄光のスポットライトを浴びたのはコリンチャンスの9番だった……。

 しかし、コリンチャンスとの決勝でスポットライトを浴びたのは、相手の9番だった。

 68分、パオロ・ゲレーロのヘディングによるゴールが、この試合唯一の得点となって勝敗を分けた。

 失点につながった守備は、褒められたものではない。

 ゴールライン上には、GKペトル・チェフの他に、ダビド・ルイスとアシュリー・コール。その手前にはラミレスもいた。にもかかわらず、誰一人として迅速に反応できず、ルーズボールを頭で押し込まれている。

 但し、チェルシーには、前半に2度の先制機と、終盤に2度の同点機があった。

【次ページ】 最後の最後が決められなかったチェルシーの攻撃陣。

1 2 3 4 NEXT
チェルシー
コリンチャンス
フェルナンド・トーレス
ロマン・アブラモビッチ
ラファエル・ベニテス
エデン・アザール
オスカル
フアン・マタ
パオロ・ゲレーロ
ペトル・チェフ
ダビド・ルイス
アシュリー・コール
ラミレス
ビクトル・モーゼス
フランク・ランパード
セサル・アスピリクエタ
カッシオ・ラモス

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ