SCORE CARDBACK NUMBER

CLで「死の組」を突破。
ウクライナの雄、躍進の理由。
~“ブラジル化”するシャフタール~ 

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph byTomoki Momozono

posted2012/12/20 06:00

CLで「死の組」を突破。ウクライナの雄、躍進の理由。~“ブラジル化”するシャフタール~<Number Web> photograph by Tomoki Momozono

第4節チェルシー戦で得点を挙げたウィリアン(左)。チェルシーが獲得を狙うとの情報も。

 昨季の王者チェルシーとセリエA覇者ユベントスが同居する“死の組”を突破し、CL決勝T進出を決めたシャフタールが賛辞を浴びている。

 賞賛が集中するのは、欧州ビッグクラブが獲得を狙うウィリアンやフェルナンジーニョらのブラジル人選手たちだ。事実、グループリーグで決めた12得点中10点をブラジル人選手が決めており、彼らは完全にチームの顔になっている。

 しかし、そんなブラジル人の活躍の陰に隠れながらも見逃せないのが、アフメトフ会長とルチェスク監督の存在だ。

 シャフタールを国内外で優勝を狙えるチームにすると夢見ていたアフメトフは、ガラタサライの監督だったルチェスクの攻撃的サッカーに心酔。何度もチャーター機を送り、3年間説得し続けるという狂信的な熱意で契約にこぎつける。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 583文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

シャフタール
ウィリアン
フェルナンジーニョ
ミルチェア・ルチェスク

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ