オリンピックへの道BACK NUMBER

ソチ五輪を前に支援が打ち切り――。
女子ジャンプ・渡瀬あゆみ、夢の行方。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byShino Seki

posted2012/11/21 10:30

ソチ五輪を前に支援が打ち切り――。女子ジャンプ・渡瀬あゆみ、夢の行方。<Number Web> photograph by Shino Seki

渡瀬あゆみ(写真)は1984年生まれ。16歳の高梨沙羅ら若手の台頭が目立つが、リーダー格としてジャンプ女子日本代表チームをまとめている。

5月以降、日本代表のコーチと選手は今も支援先を探す。

 その渡瀬弥太郎氏は、こうも語る。

「親子だからじゃなく、長年やってきた仲間として、渡瀬あゆみにも競技に集中できる環境がほしいですね」

 渡瀬あゆみ自身は、支援先がみつからなかった場合は、という問いにこう答えた。

「どうでしょうね。今は、2月の世界選手権に絶対選ばれるようにがんばるということ、まずは今シーズンなんとか乗り切れるようにというところですね」

 そしてこう続けた。

「純粋に飛ぶことが楽しくて好きなんですね。だから続けてこられたし、振り返ってみても自分にはスキーしかなかったと思うからスキー一本で来ました。女子ジャンプの基盤がないような状態からスタートして、ようやくオリンピックの種目にまでなった。絶対に出たいと思っています」

 11月14日、再び海外遠征へと旅立った。

 5月の契約終了後、日本代表のコーチと選手は、支援先を探してきた。そして今も探している。

 ときに今後への不安に苛まれることもある。でも、長年抱いてきた夢を決してあきらめてはいない。

関連記事

BACK 1 2 3
渡瀬あゆみ
渡瀬弥太郎
ソチ五輪
オリンピック・パラリンピック

冬季スポーツの前後の記事

ページトップ