NumberEYESBACK NUMBER

スピードスケート開幕戦。
ソチに向けて好発進。
~小平奈緒、加藤条治の進化~ 

text by

折山淑美

折山淑美Toshimi Oriyama

PROFILE

photograph byTakao Fujita

posted2012/11/13 06:01

スピードスケート開幕戦。ソチに向けて好発進。~小平奈緒、加藤条治の進化~<Number Web> photograph by Takao Fujita

10月27、28日に行われた全日本距離別選手権で、2年連続3冠を果たした小平奈緒(左)と3年ぶりに500mで優勝した加藤条治。

「選手はいろいろ試さないと成長しないし、失敗しなければ成長もない。それをできるのが昨シーズンだったから、主力選手には自由に思い切ってやれと話していた。だが今シーズンは結果を出していかないと、ソチ五輪は厳しくなってしまう」

 日本スケート連盟の橋本聖子会長は、今季のスピードスケートをこう位置づけていたが、そんな杞憂を晴らすかのような活気溢れるシーズンインとなった。

 10月27、28日に長野で行なわれたシーズン開幕戦の全日本距離別選手権。小平奈緒が初日の500mで国内最高記録を連発すると、2日目の1000mでも前週に自身が出した国内最高に肉薄する大会新で、1500mと併せた3冠を獲得した。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1073文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

小平奈緒
加藤条治
ソチ五輪
オリンピック・パラリンピック

冬季スポーツの前後のコラム

ページトップ