SCORE CARDBACK NUMBER

ソチへの“第一関門”突破。
カーリング日本、逆襲開始。
~3年ぶり男女とも世界選手権へ~ 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byAFLO

posted2012/12/13 06:00

ソチへの“第一関門”突破。カーリング日本、逆襲開始。~3年ぶり男女とも世界選手権へ~<Number Web> photograph by AFLO

前回は最下位に沈んだ男子も奮闘。共に決勝で中国に敗れ「反省点も多い」と口を揃えた。

「現状は崖っぷち」と表現して旅立ってから半月。

「男女、笑顔であるのを嬉しく思います」

 中部電力主将、市川美余の言葉のとおり、選手誰もが笑顔で帰国した。

 11月下旬に行なわれたカーリングのパシフィックアジア選手権(PACC)で、男子日本代表のSC軽井沢クラブ、女子の中部電力が揃って準優勝し、来年3月の世界選手権出場権を獲得した。日本が出場するのは男女ともに3年ぶりとなる。

 背水の陣だった。今大会で2位以内に入れず世界選手権出場を逃していたら、ソチ五輪出場も消滅していたからだ。

 女子の場合、中国と韓国の壁が厚く、厳しい戦いが予想された。だが予選リーグを3位で通過し、同2位の韓国との決勝進出決定戦で連勝したのである。スキップの藤澤五月は勝因をこう分析した。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 564文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

心が震える99の言葉。~Words of Athlete 2012~

関連記事

ソチ五輪
オリンピック・パラリンピック

冬季スポーツの前後の記事

ページトップ