野球クロスロードBACK NUMBER

9回、武田久登板に込められた意図。
総力戦制した日ハム・栗山采配の妙。  

text by

田口元義

田口元義Genki Taguchi

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2012/11/01 11:50

9回、武田久登板に込められた意図。総力戦制した日ハム・栗山采配の妙。 <Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

試合後に栗山監督は「中継ぎ陣、武田久たちを含めて、無理にいってもらっているところもあるので……本当にみんな、よく我慢してくれました」と、移動日を除き厳しい連投が続く中継ぎ陣を称えた。

「本当の勝負は明日(11月1日)から始まります」

 延長12回、その先の回を見越した巨人は、CS4試合で無失点のマシソンではなく、同4試合で3失点と本調子ではない西村健太朗をマウンドに上げざるを得なくなった。

 そして日本ハムは、相手のミスから1死一、二塁とチャンスを広げ、飯山がサヨナラ打を放つ。

 日本ハムは我慢比べに勝ったのだ。

 この日の継投は、改めて日本ハムの強さを示すこととなった。

 現在、中日で投手コーチを務める今中慎二が解説者時代、こんなことを言っていた。

「ピッチャー個人の力じゃなくて、投手“陣”として戦っているチームは強いよね。ひとりがダメなら誰かが頑張る、みんなが良ければ後に投げる選手も相乗効果で気合が入る。そういう選手が多ければ監督の采配にもブレがなくなると思うよ」

 この試合での日本ハムは、まさしく投手“陣”で勝利をもぎ取った。

「本当の勝負は明日(11月1日)から始まります」と栗山監督は言った。

 投手を起点とした日本ハムの粘りの野球。2勝2敗のタイとなったこれからが、むしろ、その本領が発揮されるときなのかもしれない。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

北海道日本ハムファイターズ
読売ジャイアンツ
栗山英樹
原辰徳
宮國椋丞
中村勝
飯山裕志
阿部慎之助
武田久
石井義人
西村健太朗

プロ野球の前後のコラム

ページトップ