メディアウオッチングBACK NUMBER

今日の常識は明日の非常識。
風間理論の神髄に触れる。
~風間八宏/木崎伸也『革命前夜』~ 

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2012/10/06 08:00

今日の常識は明日の非常識。風間理論の神髄に触れる。~風間八宏/木崎伸也『革命前夜』~<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『革命前夜 すべての人をサッカーの天才にする』 風間八宏/木崎伸也著 KANZEN 1500円+税

風間監督が『見えている』状態と認める領域とは?

――そうなると、選手に求められる能力も今までとは違ってくるのでは。

「僕自身、よい選手の条件は足が速いことだと思っていました。でも狭いエリアでパスをつなぐ『動いている暇がないサッカー』ではそれよりも重要な要素がある。特に“目”は一流選手にとって欠かせない能力です。風間さんによると『見えている』というのは、敵と味方の位置を把握しているだけでは十分でない。極論すれば相手の右足がどこまで上がるかを見極めて、その15cm上にボールを通せば取られないわけです」

――まさに天才の領域ですね。

「そうしたプレーを認識し理論化した上で、言葉と実演で伝えられるのが風間さんの凄いところ。確かに川崎Fではまだ、目に見える形での結果は残していませんが、確実に選手の意識もサッカーの質も変化している。それに風間さんが見ているのは、『世界のテッペン』ですから、目の前の勝敗でブレることが全くない」

風間革命の究極の目標は“バルサを叩き潰すサッカー”の実現。

――とすると、風間革命の行き着く先はどこなのでしょうか。

「最終的に目指しているのは、Jリーグで勝つサッカーではなく、バルセロナを“叩き潰す”サッカーを実現することでしょうね。事実、2011年の後半辺りから『世界一になるやり方が見えてきた』と言っていますから。日本人は発想さえ与えれば、それを受け入れ発展させていく能力が高い。だからこそバルサよりも緻密なサッカーができるはず――その可能性を誰よりも信じているのが風間八宏監督なのだと思います」

関連記事

BACK 1 2
風間八宏
川崎フロンターレ

Jリーグの前後の記事

ページトップ