NumberEYESBACK NUMBER

引退表明か現役続行か。
40代選手、初秋の現在地。
~プロ野球・ベテランの存在価値~ 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki

posted2012/09/25 06:00

引退表明か現役続行か。40代選手、初秋の現在地。~プロ野球・ベテランの存在価値~<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

小久保は8月14日の引退表明以降も勝負強い打撃でチームを牽引する。

阪神・桧山、西武・西口らにも厳しい年俸提示が!?

 優勝争いから離れてもチーム事情から阪神の桧山進次郎には相変わらず出番が回って来ている。代打専門で43歳の桧山の4000万円(推定)という年俸は、費用対効果を考えた時、来季現役を続けるにしても大幅ダウンが待っている。

“名球会、引退までの一里塚”などと言われるが、今年は稲葉、宮本、小久保の3人が2000本安打を達成し、名球会入りを果たした。小久保はその達成感もあって引退を決意したが、稲葉、宮本の中には“身体が動ける間は”というヤクルト時代の師匠・野村克也の姿勢が生きているようだ。また、名球会まであと18勝と迫った西武の西口文也は、若手が台頭する中、中日の山本同様にCSでのよほどの踏ん張りがない限り、来季も同じユニホームで同じ年俸をもらうのは難しいかもしれない。

 小久保の引退表明の際、ソフトバンクの秋山幸二監督は「ご苦労さんとはまだ言いたくない。最後まで戦力として頑張ってもらうよ」と言った。秋風が吹くベテランにとって、何より嬉しい言葉かもしれない。

関連コラム

BACK 1 2
小久保裕紀
福岡ソフトバンクホークス
石井琢朗
広島東洋カープ
金本知憲
阪神タイガース

プロ野球の前後のコラム

ページトップ