プロ野球PRESSBACK NUMBER

日ハム入団フィーバーから半年――。
ソフトボール出身・大嶋匠の現在地。 

text by

加藤弘士

加藤弘士Hiroshi Kato

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2012/08/18 08:02

日ハム入団フィーバーから半年――。ソフトボール出身・大嶋匠の現在地。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

鎌ケ谷へ二軍の視察に訪れた日本ハム・栗山英樹監督(写真右)と大嶋。灼熱のグラウンドで牙を研ぐ若者の姿は、指揮官の目にどのように映ったのだろうか。

大学ソフトボール界の頂点を極めた男のプライド。

「公約達成」の3発を、本村ディレクターは評価する。

「頑張り屋なんですよ。一生懸命、練習している。ソフトボールで大学ジャパンの頂点を極めた男ですから。プライドもあるのでしょうね。言ったことを理解するのが、速い。あとはやっぱり、目がいい。しっかりボールを見極めています。規定打席に達していない中での3本塁打ですから、価値があると思いますよ」

 真夏の午後。グラウンドでの打撃練習を終えた大嶋は、室内練習場に籠もると、福沢洋一・二軍バッテリーコーチとワンバウンドの捕球練習を始めた。蒸し風呂のような暑さの中、必死に体全体でボールを止め続けた。自然と汗が噴き出す。ミットを操る動きも、2月とは別人の軽快さだ。それでも「まだまだ、全然です」と、本人は言う。

 横浜高からドラフト4位で同期入団したキャッチャーの近藤健介は、この夏から一軍に帯同し、将来の正捕手候補として英才教育を施されることになった。自ずとファームで「捕手・大嶋」の出番は増える。実戦マスクの機会を重ねることで、配球面の理解を深め、それがバッティングにいい影響を与えることになるのでは――。クレバーな大嶋のことだ。好循環が起きる可能性は、十分にある。

いつか、高校の先輩・布袋寅泰の「バンビーナ」に乗って――。

 最後にひとつ、聞いてみたかった。札幌ドームの打席に立つ時に流れる、登場曲。大嶋君は、何にしようと思っているの? 少しだけ照れて、明かしてくれた。

「自分、高校(群馬・新島学園)の先輩に布袋(寅泰)さんがいるんですよ。だから、やっぱり布袋さんの曲で入りたいなと思って。『バンビーナ』とかですね」

 8月15日現在、二軍戦では46試合に出場し、打率1割9分1厘、3本塁打、打点12。数字で評価されるプロの世界で、これが大嶋匠のリアルな「いま」だ。野球選手としてはもちろん、物足りない。だが、成長への比例定数は大きい。伸びしろは無限大にある。

 北の大地で「バンビーナ」が大音量で轟き、打席に立つ大嶋へと万雷の拍手が注がれる――。そんな夢は意外と早く、現実になるかもしれない。この男はこれから先、「目標設定用紙」へと、どんな未来予想図を描いていくのだろうか。

 鎌ケ谷の午後は、きょうも暑い。蝉時雨とひこうき雲に彩られる中で、大嶋匠はひとり、バットを振り続けている。

関連記事

BACK 1 2
大嶋匠
北海道日本ハムファイターズ
近藤健介

プロ野球の前後の記事

ページトップ