SCORE CARDBACK NUMBER

オリックス逆襲のキーマン、
木佐貫洋を変えた“一言”。
~寺原がくれた、復調のきっかけ~ 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

photograph byKYODO

posted2012/08/17 06:00

オリックス逆襲のキーマン、木佐貫洋を変えた“一言”。~寺原がくれた、復調のきっかけ~<Number Web> photograph by KYODO

7月25日、楽天を相手に完投で通算50勝達成。8月7日にも楽天打線を9回無失点に抑えた。

「休んでいた分、働いてもらわんといかんからな。これからの後半戦は木佐貫(洋)とテラ(寺原隼人)、井川(慶)の“ヨソ者トリオ”に助けてもらわんとな」

 パ・リーグ最下位と苦しむオリックスの指揮官、岡田彰布は、後半戦の巻き返しを誓い、3投手に期待を寄せていた。金子千尋、近藤一樹ら生え抜き投手が崩壊した先発陣の立て直しを、移籍組に託したのだ。

 昨季、開幕投手を務めながら2勝に終わり、心中期するものがあった木佐貫だったが、6月6日のヤクルト戦で一塁ベースカバーに入った際に、左太もも裏肉離れ。登録抹消となり、リハビリを続けていた。そんなある日、2人の娘が父親の膝に座りながらこんなことを話したという。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

オリックス・バファローズ
木佐貫洋
岡田彰布
寺原隼人

プロ野球の前後のコラム

ページトップ