Sports Graphic NumberBACK NUMBER

<甲子園エースという人生> すべてはあの夏から始まった。~正田樹/寺原隼人/吉岡雄二/大野倫~ 

text by

城島充

城島充Mitsuru Jojima

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2012/08/14 06:00

<甲子園エースという人生> すべてはあの夏から始まった。~正田樹/寺原隼人/吉岡雄二/大野倫~<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

「甲子園優勝投手」という肩書きの重荷を乗り越えて。

 さらに甲子園優勝で、正田は一躍「時の人」になった。ドラフト1位で日本ハムに入団すると、前年の優勝投手でプロでもいきなり16勝をあげた松坂の活躍と重ねて期待された。正田自身も「松坂さんとは器が違う」と思いながら、抱負を聞かれるとこう答えた。

「できれば開幕から一軍に入りたい。そして二ケタ勝利を狙いたいです」

 だが、プロは甘くなかった。1年目、2年目と勝ち星に恵まれない。誰もが望む栄光と勲章が、ときに棘になって自らを苦しめることを正田は身をもって知った。

「常に松坂さんと比べられちゃうんです。甲子園優勝投手という肩書きを重荷に感じることもありました。ふっきれたのは3年目。9勝をあげて新人王を獲ったときです」

「クビになっても、次に野球ができる場所を探せばいい」。

 だが、それからも順風満帆な投手生活を送れたわけではない。'07年に阪神へトレードされると、一度も一軍のマウンドに立てないまま戦力外通告を受けた。その後は台湾球界でプレーし、ドミニカのウインターリーグにも参戦した。レッドソックスとマイナー契約を結んでメジャーを目指したこともある。昨年は日本の独立リーグであるBCリーグ・新潟のマウンドで投げた。

「一度は戦力外になっても、まだまだできる。そのことを伝えたいし、後から続く選手がいることを意識してやっていきたい」

 その言葉には、甲子園で優勝しても持ち得なかった強い自負がにじむ。「クビになっても、次に野球ができる場所を探せばいい。僕はそうやって新しい場所でなにかを吸収してきました」とも、正田は続けた。

「確かに甲子園は特別でしたが、その後も同じような緊張感や歓喜を味わった瞬間はありました。それを一度でも多く味わいたい。だから、投げ続けているのかもしれません」

【次ページ】 “松坂越え”の最速ストレートを記録した、寺原隼人。

BACK 1 2 3 4 NEXT
正田樹
寺原隼人
吉岡雄二
大野倫
松坂大輔
帝京高校
沖縄水産高校
日南学園高校
桐生第一高校

高校野球の前後の記事

ページトップ