ロンドン五輪代表、最大の挑戦BACK NUMBER

関塚ジャパンが、完璧な作戦勝ち!
「スペインに勝ったのは奇跡じゃない」 

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byRyosuke Menju/JMPA

posted2012/07/27 11:35

関塚ジャパンが、完璧な作戦勝ち!「スペインに勝ったのは奇跡じゃない」<Number Web> photograph by Ryosuke Menju/JMPA

大津の先制ゴールで歓喜に沸く選手たち。「自分たちの色をもっと出せるし、もっともっと激しくいける。(ピッチ上で戦う)11人だけじゃなく、18人全員で頑張って、1次リーグ突破を決めたい」と試合後に語ったキャプテンの吉田。

「あれだけチャンスがあって1-0というのは……」

 この成功体験は、モロッコ、ホンジュラスと戦う上で、大きな自信となる。同時に、試合をこなすごとに日本の戦術は、より洗練されていくだろう。レアル化が進行する日本は、これからもっと強くなりそうだ。

 ただ、課題も見えた。

 後半だけでも最低4回は、決定的なチャンスがあった。

 酒井宏は試合後、「あれだけチャンスがあって1-0の試合というのは、守備からしたら厳しい」と、攻撃陣に苦言を呈したが、そこでもう1点決めていれば、もう少しラクに勝てたはずだ。

 グループリーグ突破には得失点も絡んでくるので、ゴールは決める時にしっかり決めておくべきだろう。シュート12本で1点しか取れなかったのは、寂しい限りだ。

 とはいえ日本は勝ち点3を奪い、最高のスタートを切った。

「スペイン戦に勝ったのは奇跡だと思っていません。次、しっかり勝ってグループリーグを突破しないと。目指しているのは、金メダルなんで」

 大津はキッパリと、そう言った。

 そのための最初の難関を、日本は突破したのである。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

関塚隆
大津祐樹
東慶悟
永井謙佑
徳永悠平
吉田麻也
酒井宏樹
扇原貴宏
ロンドン五輪
オリンピック・パラリンピック

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ