Sports Graphic Number MoreBACK NUMBER

<五輪への過酷な最終関門> 北島康介/寺川綾/入江陵介 「一発選考がニッポンを強くする」 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byAFLO

posted2012/07/17 06:00

<五輪への過酷な最終関門> 北島康介/寺川綾/入江陵介 「一発選考がニッポンを強くする」<Number Web> photograph by AFLO

「ゴールドをとりたい」から、タイムに納得しない。

「切符をとれたことはうれしいですけれど、目標に届かなかったのはちょっと残念です」

 寺川は、58秒台を出すことを目標にしていたと言う。オリンピックのメダルを視野に入れているからだ。

 入江もタイムには不満を示していた。200mの1分54秒03に対し、首を振ったのだ。

「52秒台を目指していたので納得していません。オリンピックでは、ゴールドをとりたいですから」

 2人にとって、4年前は「オリンピックに出ること」を目標に臨んだ日本選手権だった。当時と現在では意識が違う。

「(平井コーチには)常に練習のときから、メンタルを鍛えられていると思います」

 と、寺川が言うように、代表入りすることにとどまらず、大舞台を見据えて4年間、トレーニング、メンタル、あらゆる面で強化を積み重ねてきた。その高い意識こそが、選考会の呪縛に囚われなかった要因であり、2人が第一人者たるゆえんでもある。

 代表入りを果たした選手たちの一方には、夢かなわなかった選手もいる。

 北京五輪の代表を逃したあと、一時は自暴自棄になりながら立ち直り、'09年の世界選手権の背泳ぎ100mで北島康介に続く日本選手2人目の金メダルを獲得。入江とともに、背泳ぎのダブルエースと言われた古賀淳也は、100mで2位ながら、派遣標準記録と0.05秒、指先の差で代表を逃した。

「予選の前からご飯がのどを通りませんでした。予選、準決勝といっぱいいっぱいでした」

 古賀は振り絞るように言葉を放った。今後については明言しなかったが、まだ24歳だ。

収穫はベテランの健在ぶりと若手の台頭。メダル8個以上を目標に。

 7日間の大会を終えて、代表になったのは27名。北京五輪200mバタフライ銅メダルの松田丈志もいる。自己記録を大幅に更新し、金メダルも狙えそうなバタフライの星奈津美も加わった。上野氏は陣容をこう評する。

「高いレベルにあるベテランの活躍、課題だった若手の台頭が収穫です。ハードルを乗り越えた上で世界に挑むので、オリンピックで緊張なく戦ってくれると信じています。目標は8個以上のメダル獲得。1948年のロンドン五輪に日本は出場できませんでしたから、今回こそロンドンの空に日の丸を上げたいですね」

 誰もが乾坤一擲の勝負をかけた、日本選手権。一発選考の、熾烈な争いを制した選手たちは、ここで一段、成長を遂げた。残り約100日、敗れた選手たちの思いも背負い、彼らは大舞台を目指して泳ぎ続ける。

連覇に挑んだ王者たち。~欧州チャンピオンズリーグの25年~

関連記事

BACK 1 2 3 4
北島康介
寺川綾
入江陵介
渡部香生子
立石諒
ロンドン五輪
オリンピック・パラリンピック

水泳の前後の記事

ページトップ