Number on NumberBACK NUMBER

陸上と水泳の“実力差”。
~日本人選手の世界ランクは?~ 

text by

小川勝

小川勝Masaru Ogawa

PROFILE

photograph byAsami Enomoto

posted2012/07/14 08:00

陸上と水泳の“実力差”。~日本人選手の世界ランクは?~<Number Web> photograph by Asami Enomoto

4月に行われた競泳日本選手権。男子200m平泳ぎ決勝で1位、2位となり、ロンドン五輪代表を決めた北島康介と立石諒。どちらのタイムも、昨年の世界選手権の優勝タイムを上回るもので、ロンドンでの1、2フィニッシュに期待がかかる。

 日本陸上選手権が終わって、陸上競技のロンドン五輪代表が決まった。初の五輪代表となる男子100mの江里口匡史と山縣亮太、400m障害の岸本鷹幸、やり投のディーン元気といった有望な若手の名前が加わったのは頼もしい。

 日本選手権で、今季世界ランキング5位(7月7日時点=以下同じ)の好記録で優勝した岸本、今季2度目の84m超えを記録したディーンの飛躍は、'00年のシドニー五輪当時、末續慎吾、為末大、室伏広治が世界の舞台に台頭してきた状況を、思い起こさせる。

 しかしロンドン五輪の決勝で、ある程度上位を狙える種目となると、決して多いとは言えない。岸本の男子400m障害、室伏のハンマー投、ディーンと村上幸史のやり投。この3種目だけだ。実績から見て、マラソンもメダル候補とは言えない。北京五輪で銅メダルを獲得した男子400mリレーも、日本選手権の100mのタイムを見る限り、決勝進出が当確とは言えないだろう。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1716文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

ロンドン五輪
オリンピック・パラリンピック

陸上の前後のコラム

ページトップ