Sports Graphic NumberBACK NUMBER

<“五輪から3カ月”特別連載(2)> クロスカントリー・夏見円 「自分らしくスタートに立つ!」 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byShino Seki

posted2010/05/18 06:00

<“五輪から3カ月”特別連載(2)> クロスカントリー・夏見円 「自分らしくスタートに立つ!」<Number Web> photograph by Shino Seki

「わくわくして眠れなかった」スプリントで27位と惨敗。

 2月17日、スプリントを迎えた。予選22番手で決勝トーナメントに進むが、準々決勝でペースが上がらず、一人置いていかれる形となった。組の最下位の6位で準決勝に進めず、27位に終わった。

 レース後、涙を流しながら語った。

「まだレースがあるので挽回したいです」

 手ごたえを得ていたはずなのに、なぜ走りに表れなかったのか。

 夏見は言う。

「試合の前夜、眠れなかったんです。何百も試合をしていますが、初めてのことでしたね」

 ようやく眠りについたと思えばすぐに起きてしまう。気づけば夜が明けていた。

 その影響で、予選突破後、トーナメントに入るまでの空き時間に強い眠気に襲われた。

「そうなると、レースに備えるべきなのに、なんで寝れなかったんだろうとしか考えられなくて」

 何が睡眠を妨げたのか。

 尋ねると、意外な答えが返ってきた。

「不安があったというより、わくわくして眠れなかった気がします。ようやく体調が回復して、自分らしい走りができるようになってきていたことで……」

 調子が上がっていると感じたことが、思わぬ方に転がったのだ。

どん底の状態で自分に何ができるかを必死に考えた。

 スプリントから5日後の22日、福田修子とチームスプリントに出場する。同じコンビで、トリノでは8位入賞を果たしている。

 挽回を期したレースだったが、やはり思うような走りができなかった。結果、13位。レース後は、スプリントのとき以上に消耗しているかのような表情だった。

 それでもその3日後には、4×5kmリレーが控えている。夏見は一走を務めることになっていた。チームの目標は入賞である。

「そのために自分がやらないといけないことは、トップから30秒以内でつなぐことだ」

 でも、自分らしい走りはここまでできていない。今の自分に何ができるか、必死に考えた。やがてひとつの思いに達した。

「この状態で最大限に力を発揮できるのは、あきらめない気持ちしかない。そう思ったんですね」

【次ページ】 4×5kmリレーで取り戻した「自分らしい走り」。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

夏見円
バンクーバー五輪
オリンピック・パラリンピック

冬季スポーツの前後のコラム

ページトップ