欧州CL通信BACK NUMBER

奇妙な試合展開でレアルが自滅!?
バイエルンが見せたホームでの強さ。 

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph byBongarts/Getty Images

posted2012/04/18 12:30

奇妙な試合展開でレアルが自滅!?バイエルンが見せたホームでの強さ。<Number Web> photograph by Bongarts/Getty Images

後半45分の決勝点のシーン。モウリーニョ監督は「引き分けの方がフェアな結果だったはずだが、これがサッカーというものだろう。それほど酷い結果でもない」とコメントしている。

 あまりに奇妙な試合だった。

 確かに両チームの対戦成績ではバイエルンが有利だ。過去18戦で10勝2分6敗と勝ち越している。あるいは、過去4度の準決勝での対戦のうち3回はバイエルンが勝ち抜けている。

 CL準決勝のバイエルン対レアル・マドリーのファーストレグ。現在の両者の実力を見れば、レアル・マドリーの勝ち抜けは、疑いようのないものに思えたのだが……。

 あのバルセロナを抑えて国内リーグで首位に立つチームと、2年連続で国内タイトルを逃すことが決定的なチームの対決なのだ。両者の置かれた状況はあまりにかけ離れている。バイエルンホームのミュンヘンで行われるこのファーストレグで勝負がついてしまったとしても不思議ではない。第三者の視点からみれば、そのように映っていた。

 前半7分には、ペナルティエリアの手前でボールを受けたレアル・マドリーのエジルに対して、バイエルンのセンターバックであるバドシュトゥバーが飛び出すと、その裏のスペースにスルーパスが出た。これに反応したベンゼマがペナルティエリアに入り、フリーでシュートを放った。かろうじてGKノイアーがブロックしたものの、この試合の流れを象徴する場面のように思えた。

 しかし、前半17分。バイエルンのコーナーキックでセルヒオ・ラモスがクリアしそこなったボールをリベリーが蹴り込んで、ホームチームがあっさりと先制したのだ。

エジルが同点弾。一気にレアルが勢いにのるはずだったが……。

 前半はその後、低調なペースで続き、1-0とバイエルンがリードして後半を迎えることになった。

 後半8分。シュバインシュタイガーが自陣で不用意にボールを奪われたことで、レアルお得意のカウンターが発動する。

 ベンゼマのシュートは一度ブロックしたものの、そこからバイエルン守備陣は見ているだけ。ベンゼマのシュート性のクロスが再びファーサイドへ送られると、ラームもグスタボもオフサイドのアピールをするだけで、立ちつくしていた。

 ロナウドがさらに折り返すと、エジルはフリーになっており、合わせるだけで良かった。これでスコアは振り出しに戻る。そのままレアルが勢いにのっても何ら不思議ではなかった。

【次ページ】 モウリーニョ監督が守備的布陣へと舵を切る。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

バイエルン・ミュンヘン
レアル・マドリー
フランク・リベリー
ジョゼ・モウリーニョ
ユップ・ハインケス
メスト・エジル
クリスティアーノ・ロナウド
シャビ・アロンソ
マリオ・ゴメス
アリエン・ロッベン
セルヒオ・ラモス

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ