プロ野球亭日乗BACK NUMBER

“飛ばない統一球”驚きの都市伝説。
今季プロ野球は投高打低にならない!? 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2012/03/30 10:31

“飛ばない統一球”驚きの都市伝説。今季プロ野球は投高打低にならない!?<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

栗原健太は昨シーズン序盤こそ統一球に苦しめられたが、8~9月と2カ月連続で月間MVPを受賞。最終的には打率.293、17本塁打、87打点の成績を残した。

“4cmの溝”をいち早く埋めた打者が本塁打を量産した。

 '05年の“飛ばないボール”にも、こうして少しずつバッターが「慣れて」対応していった。その結果、本塁打は増えていったわけだ。

 もっと短いスパンで、昨年の統一球導入でも、少しずつこの4cmの溝を埋められていった選手は、栗原のように後半戦に結果を出していった。また、結果はそれほど出なくても、芯で捕らえる感覚を次第に身につけたことで「ボールの感触が変わった」という感想につながったのかもしれない。

 野球の華はホームランである。

 一発逆転の華麗なアーチにスタンドは湧き、ファンは野球の醍醐味を感じる。

 統一球導入2年目の2012年のシーズンは、打者たちが何cm、この距離を詰めて、球場に華を咲かせられるのだろうか。

 今年は打者の逆襲に期待したい。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

栗原健太
広島東洋カープ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ