オリンピックへの道BACK NUMBER

冬季五輪での過去の栄光が蘇るか!?
渡部暁斗のノルディック複合初優勝。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byAFLO

posted2012/02/15 10:30

冬季五輪での過去の栄光が蘇るか!?渡部暁斗のノルディック複合初優勝。<Number Web> photograph by AFLO

ノルディック複合で初優勝を果たした、W杯総合ランク3位の渡部暁斗(中央)。日本勢の複合個人優勝は荻原健司、高橋大斗、河野孝典に続いて4人目で、2004年3月に2連勝した高橋大斗以来、日本勢8季ぶりの快挙。また、前半飛躍は一人だけ130メートルを越え、W杯55戦目で後半距離をトップで迎えるのは初めて

目標とする「飛べて走れるバランスのよい選手」に成長。

 以前、渡部を抜擢した理由を「ひとつ聞いたら10のことができます」と表現した河野孝典ヘッドコーチは、その後の成長の理由を聞かれて、こう語っている。

「着実に積み上げることができる選手であることです」

 その言葉のとおり、ひとつひとつ吸収することで、本人が以前から目標としていた、「飛べて走れるバランスのよい選手」へと進化を遂げて、今日につながった。

 チェコでの世界選手権団体で金メダルを獲得した日本は、バンクーバー五輪でその再現を狙った。だが6位に終わった。浮き彫りになったのは、「個人戦で勝負できるレベルになければ団体で勝つことはできない」ということだった。

 そういう意味でも、個人で上位に入れるようになった渡部の成長は大きいし、あとに続く選手が出てくれば、団体も楽しみになる。

 2年後のソチ五輪へ向けて、明るい材料となった。

関連記事

BACK 1 2 3
渡部暁斗
ソチ五輪
オリンピック・パラリンピック

冬季スポーツの前後の記事

ページトップ