SCORE CARDBACK NUMBER

伊東大貴の優勝で見えた
日本ジャンプ復活の光明。
~長野五輪世代のように~ 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byAFLO

posted2012/02/10 06:00

伊東大貴の優勝で見えた日本ジャンプ復活の光明。~長野五輪世代のように~<Number Web> photograph by AFLO

札幌でW杯連勝を飾った伊東。現在総合首位のコフラー(右)を抑えての逆転優勝だった

 1月28、29日に札幌・大倉山シャンツェで開催されたノルディックスキー・ジャンプのワールドカップで、伊東大貴が連日にわたり優勝を遂げた。伊東にとって初のワールドカップでの勝利であり、連勝は、日本勢としては1999年の葛西紀明以来のことだ。例年、海外のトップクラスの欠場が目立つ札幌大会だが、今回はメンバーがそろった中での優勝だけに、価値がある。

 札幌での活躍にかぎらず、今シーズン、伊東をはじめ、日本男子は近年にない好成績を残してきた。それを象徴するのが、年末年始に4つの大会の総合成績で争われる「ジャンプ週間」だ。ジャンプ界では権威あるこのシリーズで、伊東が表彰台に2度上って総合6位に入り、竹内択も3位になるなど総合9位と健闘したのだ。海外のメディアからも、日本勢の好調ぶりに注目が集まったという。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

伊東大貴
竹内択
ソチ五輪
オリンピック・パラリンピック

冬季スポーツの前後のコラム

ページトップ