ブンデスリーガ蹴球白書BACK NUMBER

実は劇的に成長していた岡崎慎司。
シュツットガルトで“点取り屋”宣言! 

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph bypicture alliance/AFLO

posted2011/10/28 10:30

実は劇的に成長していた岡崎慎司。シュツットガルトで“点取り屋”宣言!<Number Web> photograph by picture alliance/AFLO

ホッフェンハイム戦で得点した時の岡崎慎司。自らのブログで「サイドでプレーをするのが嫌とかではなく。気持ちすらが、サイドプレーヤーになってた自分に腹がたったんよな」と綴っていた直後の得点だった

「叩いて欲しい」発言は点取り屋としてのプライドだ。

 タジキスタン戦後に、自らを「叩いて欲しい」とまで語り、ストライカーとしてのプライドを口にしたのも、現在のシュツットガルトでの心境の変化と無関係ではない。

「こっちに来てからプレーの幅を広げようとか、色んなことを考えていたんですけど、やっぱり、俺はストライカーやから。今はサイドにいるけど、いつでも点をとれるというのは見ていてもらいたいので。だから、『点がとれなかったときに叩いて欲しい』というのは、あのときに自然に出てきたと思うんですよ」

 しかし、どうしてもゴールを決められないのかと批判されれば、想像以上のプレッシャーがのしかかってくる。先日の代表戦の際には、香川に対して批判が集まっていることを受けて、チームメイトがそうした批判の影響を心配していたほどだ。

「毎試合、点をとりにいきます」とストライカー宣言。

 岡崎とて、大きな批判やプレッシャーを受ければ、プレーに悪い影響が出るのではないか。そうたずねると、少し笑みをこぼして岡崎はこう答えた。

「これまでは、そういう声をずっと気にするタイプだったんです。でも、今はもう、全く気にしなくなったんですよ。そもそも、点をとれないときに一番悔しい思いをするのは俺ですから」

 1ゴールを決めるために岡崎が費やしている時間は198分。このデータは、シュツットガルトの中で最もゴールに費やす時間が短い選手は日本人ストライカーだと証明している。

 岡崎がドイツにやってきて、MFとしてのプレーをこなしながら、改めて気がついたのが自分は生粋のストライカーだという事実だ。

「やっぱり、ゴールを獲り続けないと。毎試合、点をとりにいきますよ」

 自らの考えが正しいことを証明する戦いは始まったばかり。ただ、それは夢物語ではない。そう思わせるだけの余裕と気迫が今の岡崎には同居しているのだ。

■関連コラム ► <思考し続けるストライカー> 岡崎慎司 「自分を客観視する技術」
► 欧州で活躍する日本人サッカー選手で、最も「メンタルが強い」のは? (言わせろ!ナンバー 結果レポート)

BACK 1 2 3
岡崎慎司
シュツットガルト
ブルーノ・ラバディア

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ