プロ野球亭日乗BACK NUMBER

ラミレスがラミレスでなくなった日。
ファンに愛された選手が歩むべき道。 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2011/10/18 10:30

ラミレスがラミレスでなくなった日。ファンに愛された選手が歩むべき道。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

37歳になったラミレスだが、今季は来日以来11年連続で20本塁打以上という外国人新記録を樹立。巨人との契約が切れる今オフの去就が注目される

DH制のあるパ・リーグならばラミレスは復活するはず。

「彼ほどプロ意識に徹した選手はいない。練習への取り組みや、試合に臨む姿勢、もちろんファンサービスという面でも、プロフェッショナルを感じさせる立ち居振る舞いができる選手です」

 巨人移籍直後に原監督はこう話していた。

 今季も不振のどん底にあって、打撃に関しては創意工夫を繰り返して、何とかトンネルから脱出しようともがき苦しむ姿があった。と、同時に左翼の守備に就いたときには、自らの守備力に諦めともとれるような動きが随所に表われてしまってもいた。

 おそらく打撃だけに専念できる指名打者というポジションが、今のラミレスにとっては最も適合した場所なのである。

 そういう意味では、DH制度のあるパ・リーグに移籍した方が、ラミレスという選手はトータルでチームの力となれる可能性があるはずだ。そしてラミレスには独特のパフォーマンスと、ファンサービスに対する惜しみない努力がある。

 だからこそ――。

 まだまだ日本球界でプレーする価値があり、その場所があるべき選手ではないだろうか。

関連記事

BACK 1 2 3
アレックス・ラミレス
読売ジャイアンツ

プロ野球の前後の記事

ページトップ