オフサイド・トリップBACK NUMBER

過去と比べあまりにも「地味」過ぎ?
マンU&ファーガソンの黄金期を検証。 

text by

田邊雅之

田邊雅之Masayuki Tanabe

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2011/05/13 10:30

過去と比べあまりにも「地味」過ぎ?マンU&ファーガソンの黄金期を検証。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

1986年からマンチェスターUの指揮を執るサー・アレックス・ファーガソンも今年で70歳を迎える。ギグスやベッカムなど「ファーギーズ・フレッジリングス(ファーガソンの雛鳥)」と呼ばれるスター選手たちがいる

ファーガソンがモウリーニョにアドバイスを求めた!?

 今回ファーガソンは、モウリーニョにアドバイスを求める可能性も仄めかしたが、(「私は彼とたくさん話をするんだ。先週も話したよ」)、モウリーニョにならって守備をガチガチに固めるようなことがあれば、攻撃的サッカーをするチームという金看板を自ら下ろすことになってしまう。だがわずか2~3年のうちに2度もバルサに負けるというのもダメージは大きい。ファーガソンの監督としての名声にも、かなりの傷がつくことになる。

 取るべきものは名か実か。そして前回、対戦した時よりも地味になったチームを率いて、派手さと強さを増したバルサにどう対抗するつもりなのか。

 ファーガソンには気の毒だけれど、地味になったマンUにあって、唯一無二の存在感を発揮し続けている大親分の、お手並み拝見といったところだろう。

関連記事

BACK 1 2 3 4
アレックス・ファーガソン
マンチェスター・ユナイテッド
欧州チャンピオンズリーグ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ