オリンピックへの道BACK NUMBER

女子カーリングの未来を担えるか?
注目の新チーム「フォルティウス」。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byTakaomi Matsubara

posted2011/05/10 10:30

女子カーリングの未来を担えるか?注目の新チーム「フォルティウス」。<Number Web> photograph by Takaomi Matsubara

ラテン語で「より強く」という意味のチーム名「フォルティウス」。メンバー全員が常呂町出身の4人は、どこまで絆を深め、強くなれるか?

「簡単に五輪とは口にしたくない」と語る小笠原。

 とはいえ、チームはスタートしたばかり。小笠原と船山も長期のブランクを経ての復帰である。チームの目標にオリンピックを掲げるが、国内にはチーム青森、今年2月の日本選手権で優勝し、来季の日本代表として戦う中部電力、札幌国際大学など、有力チームがひしめく。

 そもそも、2014年ソチ五輪の日本の出場枠獲得自体、決して簡単ではない状況にある。それを知るからこそ、小笠原自身、「簡単にオリンピックとは口にしたくありません」と言う。

 決して前途は容易ではない。

 それでも、「日本全体を引っ張っていけるチームになれるように」と言う船山、「このチームでほんとうによかったなと思います。これからほんとうに、ほんとうに楽しみです」と語る吉田、「このチームでできるなんて思いもよらなかったので、恵まれました」と言う小野寺、そして「このメンバーでプレーするのが非常に楽しいです」と小笠原。皆笑顔でありながらも、その表情には、強い決意が感じられる。

関連記事

BACK 1 2 3
小笠原歩
船山弓枝
吉田知那美
小野寺佳歩
北海道銀行フォルティウス
ソチ五輪
オリンピック・パラリンピック

冬季スポーツの前後の記事

ページトップ